ネタバレSmallville

SMALLVILLE(ヤングスーパーマン)の情報関連とレックス萌え日記。 シーズン3以降のネタばれを含みます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"Smallville Series for Young Adult"
サイトやブログ更新をさぼってなにをしていたかといえば、特に変わったこともなく、ただひたすら年度末の「廃休」だけが気になる今日この頃ですが(笑)、小説の"Smallville Series for Young Adult"を読み始めています、というか読み終わりました。
かなりドラマの内容と設定が違っていますが(特にホイットニーの軍隊行きの部分)けっこう面白いものでした。
"Animal Rage" "Flight" "Greed" "Runaway"の四冊。
この中で私が一番面白かったのは"Flight"。

スモールビルで連続強盗とクラークがアルバイト先のピザ店の同僚ティアの謎などなど。
町のカーニバルでレックスが買ってくれたチケットでラナとピートがスカイダイビング招待に当選、二人から一緒に行こうと誘われ、お金を貯めるためにクラークは町で唯一のピザ店でバイトすることに…と、とっても平和な出だしからどんどん話がミステリアスになっていくのは、ティアとその家族になにか大きな秘密があるため。そしてそれはティアのいなくなった母親にかかわることでもありました。

ラストには意外な出来事も待っていました(笑) ネタバレ→おなかを壊したピートの代わりにクラークがスカイダイビングに参加、するとレックスもちゃっかり便乗して一番最初にダイブ。
そうだ、途中にはクラークの高所恐怖症を治してあげようと、ライオネルが操縦するヘリにレックスとクラークが乗り、それが事故を起こしてしまうというのもありましたわ。逆効果だ(笑)
←ネタバレここまで。
読後感がとても爽やかです。

"Animal Rage"はレックスが万引きをする少女を見ても知らないふりをしていたり、動物に変身する能力を持った子がちょっとエコテロリストだったりで爽やかとはいえませんでした。ただ、途中でレックスがクラークに町一番の高級洋服店で研究発表会用の洋服を買ってあげようとするシーンがありまして(万引きはそこで起こった)ほのぼのしました。

"Runaway"は本のあらすじにあったような、独自にレックスがクラークの行方を捜すというシーンはほとんどなくてがっかりです。でも"Luna"という魔法のような能力を持った少女との交流がとても優しいタッチで描かれていて、ちょっと物悲しくていい感じでした。

ドラマとは一味違った少年クラークの姿を読みたい方には、このシリーズおすすめです。
スポンサーサイト
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。