FC2ブログ

ネタバレSmallville

SMALLVILLE(ヤングスーパーマン)の情報関連とレックス萌え日記。 シーズン3以降のネタばれを含みます。
#522 Vessele
ご迷惑をおかけしていないといいのですが…と思いつつやっぱりまたリンクさせていただきます、正しいお話の内容は「Mooovingな日々」さまへ。前編中編

屋敷を飛び出したときはシャツだけの姿なのに、車に乗ってるときには黒いジャケットを着てるレックス。謎の頭痛に苦しんでいるのになんて律儀なやつ。ブルーグレーのシャツの色はたまに青に見えます。草地での光が地面から飛び散るシーンとかレックスが攫われるシーンはきれいでした。
ライオネルがこの前からスーツ姿をやめてボタン一個外した黒シャツ黒ジャケット姿なのは、彼がルーサーであるまえに「ライオネル」であるという意味かな?
服装といえば、DPでのラナが赤と黒に小さなペンダント、クロエが白いドレスシャツに大きな黄金色のアクセサリーというのもわかりやすくていいですね。

「船」がレックスだと知ったときのライオネルはショック受けてて、レックスのことをちゃんと気にしてるって感じ。

ラナからクラークが自分を殺すつもりだと聞かされたときの表情は、さすがレックスを知り尽くしたMR。でもねでもね、そのあとにラナの小さな顔をを両手で包むでしょ?あのとき私の心の中の悪魔がこうささやきました。「プチッ!」なんの音かはご想像にお任せします。…力を得てすぐなのによく調節が効くよな。

マーサとライオネルがこれ以上近しい間柄になることはないとは思いますが、なんか心配です。

でー、なんといってもやっぱり今回の注目は納屋でのクラークとレックスの対決シーンでしょう。クラークの持ってるものが欲しかったとか言ってますが、そんなのとっくにばれまくり。でもそれはクラークが持ってるから輝いてるんであって、自分が持ったら泥んこになってしまうってとこまで気がつかないのがレックスのお間抜けでお坊ちゃんだからさな部分。その証拠にラナはレックスといるとどんどんいつも以上に変な子になってるし、クラークと秘密を分けあって近しくなったクロエはますます美人で気高くなっていく。クラーク側についたっぽいライオネルもなんか輝いてる(笑)あのロイスでさえクラークと関わることで人生が変わっていってるし、ほかにも何人もクラークと関わって道を見つけたひとたちがいる。

ただなー、問題はクラークの船がスモールビルに来てなかったら、ラナの両親もレックスの髪の毛も無事で、スモールビルのいろんな悲劇もなかったわけだからなー…。
うむむむむむ…。

まああれだ、とりあえず今回のレックスはどうせクローンかなんかで、本体はどっかにしまっちゃわれてるんだろうと思う。CMでやってた青いビニール違った繭から苦しげに出てくるレックス、ってシーンがなかったのは多分それ出すとクローンだとわかって面白さ半減だからでは、とかわざと深読みしてみたり。
ナイフを振り下ろそうとするクラークを自信たっぷりに笑って見ているレックスはすごかった。さすがMR。

クラークが絶対にレックスを殺すことができないってのをブレイニアックは最初から計算に入れてて、あのナイフが自分に向けられるようにしたんだろうけど、なんでそこまでジョー・エルは計算できなかったんだろうか。

さて。ゾッドがレックスの体を乗っ取って最初に言った言葉は「You have your father's eyes」、しかもクラークの顔に触れようとすらしてました。なんだなんだその設定は(笑)すいませんがせっかくのシリアスシーンで爆笑させていただきました(笑)そんなとこで押さえなくてもちゃんと最後まで見ますって~(笑)

なんでもゾッドの話し方はイギリス風なんだとか。そう言われれば発音がはっきりしているというか固いというか。でもやっぱりリズムはレックス調というかMR調。

あととても気になったのはやっぱりクロエでしょう。まあシーズン3のラストを思えばまだ今回はいいほうかな。建物の中にいればよかったのに…。でもってルーサー専用車は防弾ガラスとかじゃないんでしょうか。

ルーサーコープの屋上で黒い皮コートのゾッド/レックスは私の好みではありませんが格好いい感じでした。いや、あの襟を立てぎみなのがなんか気になって(笑)
レックスの記憶が残ってるから約束の屋上で待ってたんでしょうか。TWoPではさんざん「ラナをそこから投げろ」とか言われてましたが確かに私もそう思いました(ぉぃぉぃ)

なんと申しましょうか、シーズン6も決定してレックスの宿敵への道まっしぐらですが、どんなに見かけはレックスでも中身がゾッドなんだからこれはちょっとイレギュラーだと思います。レックス萌え人間としてはこのシーズンファイナルはちょっといただけません。

夏コミケに当選したので、解説本(という名のレックス萌え本)作りのために再度シーズン2をじっくり見て、いろいろ考察してみようと思います。それにしてもレックスの書斎のステンドグラスの色の変容、すげーわ。
スポンサーサイト



#521 Oracle
ちゃんとしたお話の内容は「Mooovingな日々」さまのリキャップをどうぞ。画像もあってわかりやすいです。こちらこちらこちら

光とともに現れないので、本物のケントパパでないのがわかります。
この手の法則はドラマやアニメを見るうえでけっこう役に立ちますね。
たとえばサンライズアニメでは死ぬときに光の中に消えなかったら実は死んでないとか(笑)

ラナがずっとつけてるあのペンダントはいったいなんなんだろう。
レックスが贈ったとかの設定なのかな。そんなシーンあったっけ。

レックスがウィルスのことを話すとは思わなかったんで、ちょっとびっくり。
そういえば彼はほんとうに愛した女性には正直な奴だった。ヘレンのときがそうだったわ。
まあ女性側もそれを望むんだから仕方ないけど、それってクラークとほんとうに正反対の考えなんだろうな。
クラークは愛する人を心配させたくない、騒動に巻き込みたくないと思って言わないことが多いけど、レックスは愛する女性を共犯者にしちゃう。
女性側からすれば正直に話してくれたことに喜びを感じがちなもんでさらに話が複雑に。
かと言ってただ守られてるだけなら自分はいてもいなくても同じじゃないかと思うこともあるだろうしな…。
結論としてはいいにつけ悪いにつけ秘密をもたないのが一番なのか(笑)

クロエがクラークに的確で冷静なアドバイスをできるようになって感心しきり。

今回の面白いセリフ:ファインがレックスの書斎に来てバーを指して「飲んでもいいか」って聞いたらレックスが「勝手にやってくれ、他のみんなもそうしてる」超投げやり。

さて今回の大きな謎の一つに、レックスの鉛の小箱が!あれってシーズン1でクラークにあげたのと同じ物だな。
でも確かもらったクラークはラナにそれをあげたはず。ってことはレックスと付き合い始めたラナがレックスに渡したんじゃなかろうかって予想もありですが。

レックスが再生能力を得たことを知って密かに笑うシーン、こっちもにやりとしました。

それにしても、なんでクラークはクリプトン文字を読めなかったんだろうか。

さあシーズンファイナルだ!
#520 Fade
本当のお話は「Mooovingな日々」さまでどうぞ。こちらこちらこちら

なんであのお屋敷は相変わらず誰でも出入り自由かなあ…。
しかもラナとレックスの関係を知って、またも文句を言う先が
クロエなのかー…彼女が前々回に内緒で頑張ったのも知らないで。

どうもこの物語の中で一番成長していないのは、クラークな気がする今日この頃。
ひょっとして体の成長は一応途中まで人間並みだけど、精神の成長は
そのほぼ永遠の命にあわせて、なかなか変化せず影響を受けづらい構造なんだろうか。
ついでに彼の透視能力は、カメレオンマンのような消え方だと
姿を見ることができないのか?謎だらけ。

前々回ではあえて書かなかったロイスのことですが、今回はさすがに無視できない。
真っ裸でクラークの前に出て、その間約五秒、クラークは目をそらすこともせず凝視。
なんなんだよおまえらは…もう夫婦モードか…。

レックスが病院で再度襲撃されるとき、壁とか照らしてる光が青なのはいつもの色法則ですね。
でもってレックスの裸の腕を見られたわけですが、むだ毛がまったくないように見える。
本来のMRの胸毛から考えて、腕がつるつるなんてあるんだろうか。
でも男性ってたまに女性より毛が腕にない人もいるしな。
銃を構えて撃つレックスの腕の美しさは、一部のファンの間で評判になっておりました(笑)

レックスがちゃんとラナを庇ったのにはほっとしました。それくらい好きなんだなきっと。
ほんとうは救ったのはクラークだけどそれをラナが知ることは、この先もないのかな。
マーサが、男運がないと嘆くロイスに対して、ジョナサンに会うまで自分も暗くて神秘的なタイプに惹かれた、
ロイスは身近なところをもっと注意深く見るように、まずい関係は良い関係に気づくために起こる、って説明したときには
改めてこのロイスがあのロイスなのか………となんだかレックスとラナのラブラブよりも絶望的な気分になりましたわ。
ラナはいいんだ、もう。レックスが幸せなんだからそれでいい。ぜったい裏切るなよラナ、レックスが裏切るまで!(笑)

どんどん次行くぞー!
#519 Mercy
詳細な解説は「Mooovingな日々」さまでどうぞ。1.2.3.
ただしお話が推理物っぽいので、DVD待ちや日本での放映待ちの方はオチ・ネタバレご注意。わかっても面白い話ですけどね。

ライオネルの車のナンバーはLUTHRⅡ(ローマ数字2)
グロをいきなり見せるな!
ホラー映画なら最初から覚悟して見てるのに、SMALLVILLEで
突然出されたらめちゃめちゃ驚くだろ!

あきらかにSAWからアイディアいただきまんもすだけど、面白かった。
多分こいつだろうって予測はついても、理由が浮かばないし
ライオネルとマーサ二人がまた見せてくれるし、というか
さすがにベテラン二人だと緊迫度が違う感じ。

しかし最初に息子を疑うのはさすがにライオネル。
親子なのに信頼しあってない。

今回もライオネルは親を殺してないって言ってるけど、実際のところ
どうなのかは多分最後まであきらかにしないんだろうな。
だって事実を知ってるモーガン・エッジは死んでるし、当時の証拠は
一切残ってないらしいし、それに一度釈放になったんだからもう同じ罪は
適用されないっぽい。

ライオネルは真剣にマーサを好きなのかな、ってちょっと今回思った。
ライオネルがあんなに必死になるのってレックスのためにだって、なかった事かも。
もちろん自分の命がかかってるのもあったろうけど、自分を撃てってあれは
本気だったろうしなあ……。ほんとに謎だわ、くそ親父。
今回のことで、これまでの人生を反省してレックスの気持ちを汲み取る方向に
行くとこの物語はラストが変わるからだめなのか(笑)

ライオネルが自分じゃなくクラークを褒めて、スペシャルだと言ったのを聞いて
レックスはラナ以外もうなにもなくなった感じ?ヒプノティックのときに
二人が仲たがいするように仕組んだのはレックスだけど、大丈夫なのかな。

クラークと一緒に犯人の部屋に行ったレックスが、銃持って最初に
ドア破って入っていったのは相変わらずだなーって思えた。
なにがレックスをこんなに変えたのかなって考えると、やっぱり周囲なんだよな。
でもその周囲っていうのは自分が呼び込むものもあれば運命なときもあって
運が悪いとしかいいようなない場合もあるしな…。

一番驚いたのはライオネルの「I'm sorry」だった。
それ、犯人にいえるくらいなら、なんでレックスにも言わないの。
他人の息子と嫁さんをかばえるのに、なんでレックスの気持ちを汲み取れないの。
クラークの秘密を守ってくれてるのが、いったいなんでなんだかわからないけど
マーサへのあの真剣さを見るとどうも悪い人ではなくなったような。
そしてちらちら見たシーズンファイナルの話によると、ほんとうにクラーク側に
なったらしいような。

う~~~~ん………。

一応お話的には、ライオネルからクラークはただの農家の青年だからほうっておけって
レックスに話すシーンでレックスはグレーっぽい青色シャツを久しぶりに着ていたから
レックスは同情されてもいい、って作りなんだと思う。
傷ついた様子のレックス、これも久しぶりに見ました。
スーパーマンの宿敵までの道のりはまだもうちょっとあるのね(笑)

それにしてもジョン・グローバー、うまいわ。
あとクロエの今回の洋服とスカーフとアクセサリー、これまでで一番似合ってた。
そういえば最近クロエはずっとゴールドのアクセサリーを身につけてるのか。

よし次いこうか!
#518 Fragile
ほんとうに毎度毎度申しわけないと思いつつ、本当の話は「Mooovingな日々」さまでどうぞ。こちらこちらこちら
私の感想では、多分お話の面白さは伝わりません(ぉぃぉぃ)

トム・ウェリング初ディレクター作品。
少女版ライアンなお話でした。
レックスが超やな奴でした。
ラナが後半で思いっきり紫着てる。
クロエにラナが会いに来てクロエの行動を批判したとき
クロエは赤を着てて大きな黄金色のアクセサリー、ラナが紫。

クロエをちょっと怒らせてしまうクラークは相変わらずとほほな奴。
よし次!(このエピソードに興味なしがバレバレ)
映画のハウス・オブ・ザ・デッドにエリカ・デュランス
これの28秒くらいの部分で泳いでる女性がエリカ・デュランス、この出演時はErica Parker。
で、このネタを見たサイトがここ
彼女が映画の中で脱いだシーンと、ロイスの水着シーンが掲載されています。

この映画、一応は日本版DVDも出てて、ゾンビ映画なれば見なければならぬと思い買ってたものの、結局封も開けずに売ってしまいました。でもレビュー見たら、見なくてよかったかも(笑)

そんな私はデモンズが好きです(ホラーTVで繰り返し見せられたためかもしれない/笑)
CW公式写真
CWの公式サイトhttp://www.cwtv.com。局の宣伝映像放映中。

K-SiteにCWからの公式画像が掲載されました。こちらがトム・ウェリングとマイケル・ローゼンバウムと新社長、こちらが、TW、MR、新社長、そして一番右がジェンセン・アクレスと一番左がJared Padalecki(二人は現在兄弟役でSupernaturalに主演、その番組も今回めでたくCWに移り、SMALLVILLEに続いて木曜午後九時から放送)

(追記)これはキャストたちの集合写真。MRだけグラスを持ってます。真ん中の人は誰なんだろうか(追記おわり)

他にもDevoted to Smallville内に大量の画像。でもログインしないと見られません。

なぜみんな髭ぼーぼーなの(笑)

あと、エリカ・デュランスに関するちょっとした過去の写真を掲載したサイトがありましたので別の欄で。
Aquamanの予告編トレーラー
K-Siteによると、Youtubeに誰かが投稿した模様。こちら
海アトランティス出生の謎、と、場所も含めてSMALLVILLEより明るくていい感じ(笑)のドラマっぽくて私は好きです。主人公と敵対しがちな友人かっこ暗い過去つきかっこ閉じ、ってのが出そうにないのもいいと思います(もうレックス以外いい/笑)

どこか他の局でやらないかな…DVDになったら絶対買うのに。

ところでSMALLVILLEのあと五回分ですが、土曜から見始めたところです。
いろいろ情報が入ったあとで見たので、話の内容はわかるのですが気分的にどうもぱっとしません。五月だし(関係ない)
ジョン・グローバー公式サイト更新とアル・ゴゥインタビュー
インタビューが数点と、スタートレック: DS9にゲスト出演したときの画像が加えられてます。こちら
同じくJGが1998に出演した"Dead Broke"という映画のDVDが5月末に発売されるそうです。こちら

アル・ゴゥインタビューはこちら
Aquamanお蔵入り?
K-Siteの記事によると、CWはMercy Reef(Aquaman)を2006年秋の放送スケジュールから外したそうです。ミッドシーズンにも入っていないという噂もあり、既に撮影されたパイロット版はそのうちDVDで見られるかも……ということらしいです。

Smallvilleは放送続行確実で、九月からシーズン6が木曜日の午後八時かららしいです。

合併さえなければ新たなヒーロー誕生だったのに残念ですが、また企画復活があるかもしれないですよね。

そういえば全く関係ありませんが「アトランティスから来た男」は、最終回ってあったんでしょうか。
最後に記憶は戻ったのかな?
マイケル・ローゼンバウムが"ポセイドン"試写会に。
こちらにインタビュー映像が。ずいぶん髪の毛伸びてるな。
なんだかシーズンファイナルは、レックスがものすごいことになっているみたいで楽しみです。

ちらほら見てしまう情報によると、レックス=ゾッドになるらしいんですが、それはクリフハンガー用の設定なのかそれとも今後ずっとそうなのかがとても気になります。でもゾッドだったらSmallvilleじゃなくなるんだから違うよね……違っててほしい……違うんじゃないかな、ま、ちょっと覚悟はしておけ(関白宣言風味でショックが少ないように自分に言い聞かせておく)
ジョン・グローバーインタビュー
Media Blvd Magazineでジョン・グローバーインタビュー。こちら
シーズンファイナルのネタばれが入ってそうで入っていませんでした。

当初はシーズン全部にわたっての出演契約をしていなかったが、シーズン1最後の四回分からシーズン2にも彼を欲しいと考えたWBと契約をかわした事、最初のちょっとした出演からこうなったのに驚いている、俳優の夢だ、と説明していたり、Smallvilleを共演者やスタッフ含め気に入っている事や、自分の亡くなった父親との関係から、ライオネルとレックスの父と息子の関係が彼にとって興味深く面白いものになっている事、それから五年前に一時仕事がつまらなく感じた時があったがMilton Katselasという人のクラスに入って再度演劇に興味を持てたという話まで、けっこう読みごたえがあります。

レックスとライオネルに関する部分は、ひょっとしたらちょっとネタバレかも?
SMALLVILLE MAGAZINE #14到着
ケント家三人バージョンの表紙は、思いっきり"GOODBY MR.KENT(←いちおう伏字)..."とあって、ネタバレしまくりです(笑)
インタビュー三つ、エリカ・デュランス、アネット・オトゥール、そしてシーズン2でレックスの弟役として出演したポール・ウェスリー(ウェズリー?)。クリプトンについてのあれこれ(これまでに出たクリプトン人やクリプトン星に関わる物事)、ショートストーリー「Hatchet」、ブレイニアックについての小特集。それからちょっと変わったものとして"Which Smallville character are you?"という、クイズ形式で点数をだし、自分がSmallvilleのキャラのどのタイプなのかを調べるもの。
私はライオネルタイプでした。内心クロエがいいなあとか分をわきまえない希望を抱いておりましたのでがっかりです(笑)

次号は毎年恒例となった100ページのYearbookみたいです。マイケル・ローゼンバウムのインタビュー載るといいな。
SMALLVILLE MAGAZINE #14 表紙二種 SMALLVILLE MAGAZINE #14 エリカ・デュランスインタビューより

SMALLVILLE MAGAZINE #14 キャラ占い SMALLVILLE MAGAZINE #14 ルーカス、懐かしいですね

アメリカンアイドルの観客席にマイケル・ローゼンバウム
KryptonSiteの情報にもありましたが、Devoted to MichaelRosenbaumでレポートされていました。
"it's right after Taylor sang his second song and Randy has given his critique. Randy stopped talking, they showed Elliott's family and friends, and then there was Michael giving a thumbs up to the camera. They didn't identify Michael, but it was definitely him."
画像はこちらこちら

上記レポートから想像すると、ひょっとしてElliottの関係者ってことで観客席に?それとも本当に単に見に行ったのかな(MRならありそうだなー)
Smallville Visual Guide続報
日本のAmazonでも予約開始されてました。しかも二種類。
こちらのSmallville Visual Guideはアメリカ版でペーパーバック、出版予定日06年8月。
こちらのはイギリス版ハードカバー、出版予定日06年9月でちょっとアメリカ版ペーパーバックより値段が高いです。これは両方予約しなければ。

8月9月はシーズン5や日本版DVD発売もあるしSmallvilleだらけになりそうでうれしい!!
あ、7月にはSmallville 2007 Calendarもあるわ。
LEX LUTHOR: MAN OF STEEL
まとまった本が日本のアマゾンで1月から販売されてます。これは違うんだろうけど、8月のリターンズ公開で「スーパーマン」関連は今年は充実するかもしれないですね。Smallvilleもおまけ扱いでもいいからテレビや雑誌でもっと紹介されるとうれしいな。
SMALLVILLE シーズン5DVD
イギリスのAmazonでシーズン5が予約開始されました。こちら。8月28日発売予定らしいです。いつもより早いですね。新しい放送局になるからその前に発売して視聴者を増やそうってことなんでしょうか。

関係ありませんが、イギリスアマゾンで買ったリージョン2版は声のトーンが微妙に高くて不思議な感じです。最初はパソコンで再生したからかと思って普通のDVDプレイヤーでも確認してみたんですが同じでした。
発音とかの関係であの高さがイギリスではちょうどよく聞こえるのでしょうかね。
日本語版「ヤング・スーパーマン」DVD発売決定!
「ヤングスーパーマンな日々」のほうに詳細を入れました。こちら
Designed by aykm.