FC2ブログ

ネタバレSmallville

SMALLVILLE(ヤングスーパーマン)の情報関連とレックス萌え日記。 シーズン3以降のネタばれを含みます。
SMALLVILLE#515 "Cyborg"
毎度毎度のことですが、とにかく正しいお話はMooovingな日々さまへどうぞ。こちらこちら

クラークが最初に相変わらずの態度でレックスの書斎に入ってきた瞬間は爆笑でした。すでに友達ではない相手の家に入ってきてその態度はないだろー!
どれくらい爆笑したかというとしばらくなーんにも聞こえないほどツボにはまってしまいました。
落ち着いてから巻き戻したらしっかりとレックスに失敬さを注意されてる~!正義の味方が悪人より行儀悪くてどうするよ(笑)
あの時レックスが着てたシャツ、紫と青が微妙に拮抗する色合いで照明によって変わるようです。最初に椅子に座っているときは暖炉の火と照明によってルーサーの紫ですが、席を立って部屋の逆側へ行くと青色シャツに見えます。色法則で判断すればこの段階でレックスが言っていたことは真実でクラークの思い過ごしということになりますが、実際は青とも紫とも判断がつかないのがすでに視聴者側に提示さています。
そしてホン博士とビクターの彼女の家に現れたレックスのシャツの色は照明が暗すぎて判断できません。研究室に現れたときはオリジンの色の黒を着てます。騙されるところだったわ(笑)ラストでは同じ黒い服でクラークに平気で嘘をつく。なんか、一線越えちゃったようですね。アクアマンのときと一味違う嘘でした。これまでのようなクラークへの言い訳じゃなくて自分が正しいと思っていることの主張のよう。
クラーク自身、レックスの嘘がわかっていてももっと追及できないのは、彼が周囲とくに一番愛する人間に理由はどうあれ嘘をついているからだと思う。…これってエンドレスだよな。いまのところクラークは同じところでぐるぐる回ってて、レックスだけが悪者への道まっしぐら。
今回レックスが犯した過ちは、ビクターを研究のために救ったあと人権を奪って閉じ込めていた部分かな。あれじゃ助けたとは言えない。科学の進歩に犠牲はつきものだけど、犠牲を出してまで進歩させる科学ってなんだろうなって時々疑問に思う。でも疑問に思っても多くの人は自分の身に影響がでない限りそれを容認してる。つきつめて考えると、見過ごすこと悪なんだろうか…。
レックスの研究が人間社会にプラスになるなら悪じゃなくて、マイナスなら悪か?でも技術は使う側によって変わるから一概に言えないしな…。
…青春SFドラマでなんでこんなこと考えてるんだ(笑)

とりあえずはビクターのメンテナンスが気になります。オイル交換とかしなくていいの?

そういえば超常力を持った人間をなにかの組織が狩ってるらしいです。詳しくはこちら。復讐の天使がクロエに話してきかせる形で進んでます。DVDに収録されるらしいです。33.1とかマンションのエピソードタイトルがあるので多分レックスの33.1階絡みなんでしょう。本編ではもう触れないと決定したんでクロニクル内で決着させようってことでしょうか。
そういえばその2、シーズン4DVDにはレックスの例のメールは含まれてませんでしたね。あれ知ってるのとそうじゃないのとでずいぶん印象が違うのにな。単に携帯電話会社との提携キャンペーンだったから必要ないって判断なのかな。

ライオネルの言葉に「えぇぇぇぇぇぇっ?????」でした。いったいどうなってるんだ。
ライオネルとしてクラークの秘密を知っているのか、それともジョー・エルの端末機のままなのか。
お金渡してたからライオネルのままっぽいけど、だったらマーサを脅す意味がない気が…。信用させるためのマッチポンプ?
ジョナサンに見せたものってあのクラークのシーンなんだろうし。
あの映像、レックスも見たのかな。

3月10日追記
最初のリンクを入れてたと思ったら入れてませんでした。確認もせず半月近く放置してた大まぬけな私。
スポンサーサイト



Aquaman
Smallvilleからのスピンオフ"Aquaman"、タイトルも"Mercy Reef"と決定しましたが、なんとここへきて主役交代です。詳細はこちら
ワーナーとUPNの合併が影響したそうです。いかにも芸能界ですね、ガラスの仮面ですね、大都芸能ですね、なんかいろいろ想像してしまってわくわくしますね(笑)
前の俳優さんは明るいけど色っぽさがなくって、ちょっと物足りない感じでしたが今度は色気ありすぎだと思います。公式サイトを見ると昔の写真だからなのか胸筋がちょっとAquamanにしては足りない気がしますがいまごろ一生懸命パンプアップしてるでしょう。ソープドラマに出演してたらしいです。おお、写真も直売している。

でもってこの前"Vengeance"で復讐の天使アンドレアを演じたDenise Quiñonesがレイチェルって役で共演するそうです。
来月から撮影開始で、プロデューサーはもちろんアル&マイルズ、そしてパイロットの監督はグレッグ・ビーマンだそうです。
両方同時に放送となったら、一体どうなっちゃうんだろ。ビーマンはSmallville降りるのか?それともパイロット分だけ?
マイケル・ローゼンバウムのMTV Cribs未公開映像
05年5月にMTV Cribsでマイケル・ローゼンバウムの自宅が公開されましたが、その時放送されなかったバスルームのシーンをMTV.comがこちらで公開中。クリックしてしばらく待っていると映像が流れます。最初にコマーシャル、次にWimler Valderamaが出てその次がMRです。バスルームです。
彼はバスルームを使うときにドアを閉めないので友人に嫌がられるそうです。

家自体もこじんまりしていましたが、バスルームもめちゃくちゃ普通です。しかも作りがとても雑(人手がかかる貼り方である意味贅沢なのかもしれませんが。木もよさそう)。それにウォシュレットじゃなかった。
彼はああいう場所が落ち着くのかと思うと、さらに親近感が湧きます。でも誰かウォシュレットを薦めてあげて(笑)
あとやっぱり靴下移動が奇妙だな。新築だからなのか習慣だからなのか。なんか友人がオーストラリアに留学したとき、唯一ノミがいなかったのがユダヤ系の人んちだったらしい(……ノミって、と思いましたがハエとノミは必ずいると豪語していました/笑)そこも家に入る前に靴を脱いでたらしい。
SMALLVILLE#514 "Tomb"
今回はほぼ愚痴モードです。
だってお話としてはあまり面白くなかったんで、変なところばっかりが気になるんですわ。

正しい物語の内容についてはMooovingな日々さまのこちらこちらをおすすめします。

わー…なんで真冬に怪談話をするんだよ~~!停電したあとクロエがシャワーから出るときのシャワーカーテンのところでついつい絶叫してしまったではないですか。まあその代わりに棚の鏡を開けてまた閉める部分では覚悟できてましたけどね……。
それにしてもスモールビルって連続殺人もありだったのか。しかもタロンの壁に埋まってても元の持ち主のネルも気がつかなかったって一体……(笑)

今回はあまり意味のないエピソードだった気が。
クロエの母親絡みのエピソードだったらちゃんと彼女の父親も出してきちんと片付けてほしかった。
誰にも打ち明けられない秘密もストレスになってるかもって医者から聞かされたときのクラークのキョドった目が、とても申しわけないながら笑ってしまいました。

シーズン3で脚本を降りたVerheidenが公式ガイドブックの中で、ラナはアンタッチャブルガールだけど、クロエはみんなが望む、美人で機知に富み、敏速で、ピンチのときにはいつもいてくれる友人だと言ってますが、ほんとうにその通りだなーと最近思います。
ラナはキャラクター的に好きではありませんが、同情はできます。
なにも知らなくてもいいんだよ、大丈夫だよ、って思わせるほどにはまだクラークは成長してなくて、ラナは不安ばかりが増えてる。
一見正直なレックスに相談してしまうのは仕方がないでしょう。レックスはラナから見ればちょっとずるいけど頼れる大人の男性だもの。
幽霊が乗り移ったクロエにスタンガンを当てられて苦しんでるレックスを心配するラナ、そんな二人の姿を見ていやーな間をあけてから何があったんだって聞くクラーク。ラナがかわいそすぎ。レックスはもういつものごとくで不機嫌なクラークにいい加減いやになってる感じ。
なんでもっと普通に接することができないのかな。もう大学生で立派な大人なんだから、大人の態度で接しようよ(説教モードに突入)
クロエをベルリーブに運ぶって話のとき、レックスにいきなり「ここでなにしてるんだ」はないだろう。そんな部分がジョナサンに似てどうすんだよー…。もっと広い心で見てやってよーライアンもお願いしてたじゃん。

毎回毎回思うんですが、ほんと~~~~~~~~~にこの宇宙人があのスーパーマンになれるんですかね。将来ロイス・レーンとくっついたり、世界を救ったり、ジャスティスリーグにはいったりするんでしょうか。ジャスティスリーグはまあパラレルワールドとしても、ロイスとくっつくのがスーパーマンなのに、いったいこのスモールビルはどういう結末にするんでしょうか。

クロエが母親と会ったのはよかった。これで少しは彼女も精神的に落ちつけるのかな。マーサもとうとう州議員になるみたい。ライオネルがしつこくアタックかけてるのが気になります。おまえをマーサが信頼すると思うのか!

今回一番がっかりした部分:クロエをベルリーブに運ぶって話のとき、レックスがクラークの腕か肩に手を置いてる部分をどうして映してくれなかったんだろう…。
第32回Saturn Awards
他にもノミネートされているのがありました。
主演女優賞にクリスティン・クルック、助演女優賞にエリカ・デュランス、Best DVD Television ReleaseにSMALLVILLEシーズン4のDVD。
Saturn Awards公式サイトはこちら。ノミネート詳細はこちら

これってシーズン4についてのノミネートってことですよね。あのシーズンで主要キャストほぼ全員がノミネートって……なにかの嫌がらせか(笑)
MRはこれで連続4回ノミネート、うち最初の1回目で受賞。
アリソン・マックにもそろそろ受賞して欲しい。
第32回Saturn Awardsにマイケル・ローゼンバウムとアリソン・マックがノミネート
第32回Saturn AwardsのBEST NETWORK TELEVISION SERIES候補にSMALLVILLE、テレビドラマ主演男優賞にトム・ウェリング、テレビドラマ助演男優賞にマイケル・ローゼンバウム、助演女優賞にアリソン・マックが選ばれました。ただいまSaturn Awardsのサイトが落ちているのでこちらをどうぞ。
書斎の暖炉のうえの仮面
さっきAXNのヤングスーパーマンで「ナマンの伝説 Skinwalkers」を見たんですが、"Reckoning"で変わった書斎の暖炉の上の仮面、このナマンの伝説の中に出てました。ライオネルが、レックスが保釈金を出したことに対して文句を言いに来たときビリヤード台を置いてある側の出入り口(シーズン1の時には途中まで絵がかかっていて扉には見えなかった部分)から入ってきたんですが、その向こう側の部屋の壁に飾ってありました。

まあ単に使いまわしてると考えるのがいいのでしょうが、なにかにつけて暗号を読み取りたいオタクとしては、奥の部屋に隠してあった人格が表に出てきた…とも取れるかなーと(笑)

ところでナマンの伝説でクラークがもらった伴侶の印のカイラの腕輪、あれからどこにいったんでしょうか。ラナはもらってないよな。腕輪はすっかり忘れられてるのかな?
マイケル・ローゼンバウムとトム・ウェリング情報
MRが過去に出演したドラマに関する情報とTWが出演したビデオクリップ情報を「ヤングスーパーマンな日々」のほうに掲載しました。
SMALLVILLE#516"Hypnotic"の情報
こちらの情報によると、この回でクラークはとうとうラナとのお付き合いをやめるらしいです。で、傷心のラナはレックスに……。

……だんだんどうでもいいような展開が待っているような気がしてまいりました(なげやり)
SMALLVILLE#513 "Vengeance"
正しい物語の内容についてはMooovingな日々さまでごらんになることをおすすめいたします。こちらこちら

レックスは素面のときに謝りたかったとまたラナに会いにきて、先週と同じくクラークはラナがいて幸運だと言う。
ちょっと不謹慎な感じ。クラークは父親を亡くしたばかりなのに、ラナがいてラッキーだって言われても多分よろこばないし、ラナだって困るよな。

クラークが出したアイディアは面白かった。
覆面被ってクロエを襲うふりして復讐の天使をおびき出そうとするシーン。何度も失敗しているらしくもうやる気ナッシングのクロエに、もっと気持ちを込めて情熱的にやってくれよってまじめな顔して言うクラーク。すごくお間抜けな感じでしたが復讐の天使が来てよかった。

久しぶりにルーサーコープの社長室も登場。
レックスが選挙に負けたのが会社に影響があったらしい。
マッカーサーの「アイシャルリターン」のあと、フィリピン再上陸のときに「あいはぶりたーんど」もあったとは知りませんでした。英語の勉強どころか歴史の勉強までできるSMALLVILLE、私からもおすすめします(なにか変な通販番組の電波が紛れこんだらしい)
それにしても、もうほんとこのクソ親父は理解不能。レックスから会社を取る気だったらしい。でもレックスにジョナサンと最後に会ってた事実を握られててレックスの勝ち。レックス成長したな、いやな感じに成長した。クソ親父そっくり。
ライオネルのマーサへの執着は、マーサ自身になのかそれともクラークの秘密目当てなのか…?両方かな。
とにかくその汚い手をクラークからどけろ。

復讐のために誰かを殺すことについて疑問を感じるクラークと、怒りのために結局犯人と同じことをしてしまったアンドレアの対比が興味深いものでした。自分が同じ立場になったとき、なかなかクラークのような行動には出られないだろうな。だかこそクラークはスーパーマンになれるんだろうな…。なんかレックスが会いたがってるのに拒否してるらしいですけどね、スーパーマン見習いは。まさか起きなかった出来事について怒ってるのか?それともレックスがクラークの正体を知ってるってわかったからか…。クロエが気がついてたんだからレックスもとっくに気がついてるってことくらい納得してくれてもよさそうなのにな。

そんなこんなで、盗まれたジョナサンの時計はなぜかラナが探してきてめでたしめでたし。しかしラストまでしっかりごらんください。
思いもしなかったフェイント攻撃だったので、うっかりだだ泣きしてしまいましたわよ。ひどいわ。
今後のエピソードについてのジョン・グローバーの発言
K-Siteによると今後ライオネルとマーサがやはり急接近するらしいです。こちら。インタビューの中でJGは自分がアネット・オトゥールのカナダでの夫だと公言(笑)

で、K-Siteのネタバレページによると、マーサは→ジョナサンの代わりに議員になるらしい。農場←はどうするんだろうか。

そういえばライオネルとラナってほとんど接点がないな。
SMALLVILLE#512 "Reckoning"第100話目
以下伏字。おもいっきりネタバレなのでお気をつけください。
正しい物語をお知りになりたい方はぜひMooovingな日々さまへどうぞ。こちらこちら

二人が死ぬって説明にすっかり騙されました。さすがアル&マイルズ。
事前に流れていた映像どおり、ラナ死亡。そのあと待っていたのは「時間巻き戻し」!
しまったー、そのネタがあったかー!
クリストファー・リーブのスーパーマンではスーパーマンが地球を逆回転させるというとてつもない方法で時間を巻き戻してロイス・レーンを生き返らせましたが、今回はジョー・エルの不思議スティックで一発です。

なんか最初に唐突に始まりすぎだと思ったんだよな。こう来たか。

再び投票開票日の朝に戻った瞬間、へなへなと椅子から転げ落ちてしまいました。
やだやだやだやだ!といくら駄々をこねても無理な相談で、物語は進みました。悪夢だ。
でも今度はレックスがラナが死ぬきっかけを作ったという運命から逃れられて、レックスファンとしてはちょっと嬉しい。

ラナを助けようとした行動がジョナサンとライオネルが会う結果を生み出してしまって…というくだりはジョー・エルの言った「バランス」を感じました。あのときこうだったらこうなっていたかも…と誰しも一度は考えると思うのですが(トゥルー・コーリングは面白かった)、ひとつのことが違うと結果が大きく変わることってほんとうにありますよね。
クラークはラナを救うために、ジョー・エルの力を借りて父親を死なせる羽目になってしまった。
実際はライオネルがなにか怪しい写真を見せてジョナサンの心臓を狂わせてしまったのが原因ではあるんですが、クラークとクロエは事実を知ってる。
…こんなスーパーマンでほんとうにいいのか?そんな理由づけしなきゃ昨今スーパーヒーローはやってられないのか。ただ正義の人じゃだめなのは大変だな…。

レックスの書斎の暖炉の上にかけてあった鬼武者のような仮面が、ギリシャ悲劇の仮面のようなものに変わっていました。レックスの中のなにかがまた変化したって意味でしょうか。
それにセーターの色が微妙に紫がかったくすんだ青色で、久しぶりにレックスに全責任があるわけじゃないんだよって感じでよかったです。

ジョナサンが死ぬシーンはすごく突然で静かでした。死に際の言葉を残すことなく逝ったのはいかにもジョナサンの性格を表現しているかのようでした。
成り行き上とはいえ上着を脱いで白いシャツ姿で、というのもジョナサンらしかった。ちょっと泣けた。
葬儀の日のネックレスシーンではマーサの悲しみが伝わってもらい泣きしてしまいました。

レックスは後ろのほうから埋葬を見ていましたが、結局和解できなかったことについてなにか思うところはあるんでしょうか…。
っていうかライオネル久々にクソ親父度全開!マーサに近寄るなーっ!
クラークは自分の責任だと思っているんだろうな。ショックが大きすぎて泣こうにも泣けないって雰囲気がよく出てた。

結局クラークはシーズン1の第一話で言った話をジョナサンに言うことはできなかったのか。でもジョナサンはちゃんとわかってたよな、絶対に。
このSMALLVILLEのマーサは、ロイス&クラークに出てくるような楽しい素敵なラブラブ老後生活を持てないのがすごくかわいそう。初期のころのスーパーマンではやっぱり未亡人らしいですね。今年公開される映画版でもそうだという話をどこかで見ました。

暗い。暗すぎる。
SMALLVILLE#511 "Lockdown"
今回は二本連続です。先週は全く見る気力も体力も時間もありませんでした。早く宝くじ一等が当たることを願いつつ始めたいと思います。

なお毎度のことですが、正しい物語をお知りになりたい方はぜひMooovingな日々さまへどうぞ。こちら

先シーズンにはコレクショングッズルームだった部分がパニックルームにリフォームされてました。
壊されて直すついでに作ったんでしょうか。なんかあの本棚の後ろってファンタジーゾーンだわ…。
それに他に逃げ口がないのもちょっとな。だから無線スクランブル装置つけられたらアウトになっちゃったんだし。相変わらずボディガードや警備陣はだめだめだしなあ…。……襲われたいのか?

レックスがまた撃たれました。超人的な回復力の持ち主なのでクリスマスの時の傷はもう治ってるみたいです。しかも今回もまた最後に病室でもう歩き回ってました。

以下はTWoPで評判になっていたせりふ。
Lex: Do you think I'd look better with hair?
Lana:I don't know, I've never thought about it.
Lex: Well I have. I've thought about a lot of things. Clark has really nice hair.
Lana: Yeah, yeah I guess he does.
Lex: Does he know.
Lana: That he has nice hair?
Lex: How lucky he is.

やっぱり気にしてたのか…しかもラナと恋人になったクラークが羨ましいってはっきり言ってる。
シーズン2で寄生虫にやられちゃってたクロエから髪の毛のことを言われて、どれだけ傷ついてたかと思うと不憫でなりません(いやちょうどAXNでシーズン2なんで)
今回もレックスは蛇だなんて言ってるし。ほんとにクロエはクラークラブだな…。

ここまでレックスをラナラブにされてしまうと、なんだかなー…と思ってしまったりもしますが、レックスがラナに宇宙船が盗まれたことを話してなかったり、ラナを助けるためと思われたパニックルームからの一時退出もスクランブル装置を破壊する目的もあった。
レックスって純粋に一つだけの目的のためには動かないように見えるから信頼されにくいんだろうか。
「ああ、自分のためだけに動いてくれたわけじゃないんだ、ちぇっ」って感じ。
そこまでの価値がおまえらにあるのかとたまにSMALLVILLE住人に言いたくなりますが、まあこればかりはそれぞれの価値観だしな。ついででもいい、どうもありがとうって謙虚な気持ちが大切ですね(レックスを必死に正当化しようと試みる涙ぐましい努力)

クラークはすっかりラナとレックスの仲を疑っちゃうし、しかもクロエにスパイしろって言うし。
シーズン3でクラークをスパイしようとして結局やめたクロエを汚く罵ったのはどこの異星人だったっけな……。

ラストのレックスの病室、枕もとのライトペンダントが青でした。ちょっと安心。

なんだかなー……もてもてラナ…。
まあヒロインはラナだし、この物語もラナ役が一番最初に決まったらしいからこんなもんなのかな…。

さあ次いくぞー!待ちに待った第100話!
Designed by aykm.