FC2ブログ

ネタバレSmallville

SMALLVILLE(ヤングスーパーマン)の情報関連とレックス萌え日記。 シーズン3以降のネタばれを含みます。
SMALLVILLE: The Official Companion Season 3
SMALLVILLE公式ガイドブックの3ですが、本来は九月末に発売予定だったのに現在Amazon.comでは12月23日以降の出荷になるというアナウンスがされています。
しかしAmazon.co.ukではすでに発行されており、24時間以内に発送可能、しかし価格は本体9.09ポンド+送料(エアメールで7.98ポンド)合計三千円以上します。

で、肝心のAmazon.co.jpはというと価格がイギリス価格2405円(2005年11月29日現在)になっていて10~14日以内に発送。うむむ…。私が予約したときは1400円ちょっとだったのでこれは…。ドル建てだったのでアメリカから出荷されないとだめなんだろうな。

いったいこの本になにが起きたのでしょうか。レックスとライオネルのエピソードが多いシーズンだったので早くいろいろ読みたいのにな。
まあここまで待ったんだから、あと二ヶ月待ちますか。

追記
12月4日現在、アマゾン.co.jpでの商品はドル表示に変わっており、価格も下がっていました。もしもポンド表示のときに予約なさったかたは、一度ご確認なさったほうがいいかもしれません。
スポンサーサイト



SMALLVILLEシーズン5は成功らしい
この記事によると、順位の数字自体は低いものの木曜日の勝者だそうです。前のシーズンよりはるかに見る人が増えたらしい。
いっそシーズン4はなかったことに(笑)
SMALLVILLE第100話エピソード祝賀会
ここに写真がアップされてます。MRが弾けてます。ひょっとしてほんとうは超恥かしがりやな性格なんじゃないかと疑ったりして。…カツラ、すぐ滑って載せにくそう(笑)
SMALLVILLE#508 "Solituedr"
前回分とファイン教授絡みのリンクした話で、この回で三週間のお休み。12月に"LEXMAS"やって一月下旬までまたお休み。

ちょうど日本では中京テレビでシーズン2の"Fever"を放送したあとで、感慨深いものがあります(笑)
ケント家では確か乳牛がいたような気がしたのですが、マーサはミルクを買ってきてました。あれは全部肉牛だったのか。でもロイスがタロンでレックスにケント農場に行ってミルクもらったらって言ってます。……謎。
タロンでレックスが写真撮ってるときに、妙にロイスがレックスに攻撃的なのはなぜなんでしょうか。妹の犯罪はすっかりないことになったんでしょうか。レックスが思いっきり嫌味攻撃をしてあのロイスを言い負かしちゃうのはちょっと面白かった(笑)でもロイスっていつ大学を中退したのかな。いまの段階では将来このロイスにレックスが横恋慕するなんて考えられない。ほんとうにこのロイスはあのロイスになるんだろうか……。

ジョーエルが言ってた愛する者が死ぬというのがマーサのことかと思って動揺してるときに、クロエはライオネルの訪問を受けてファイン教授が怪しいと聞かされる。…この二人って宿敵以上の犬猿の仲じゃなかったのか。前回クロエが言ってたメールのやり取りのあいだになにか変わったんだろうか。

レックスが宇宙船を隠している倉庫には一応監視ビデオがついてたようですね。でもファインが操作して肝心な部分が全然映ってないらしい。…お城にもつけとけよ。関係ないけどすごくいいシャツ着てるな。関係ないと言えばクロエは決まった勤務時間とかないんだろうか。無給のインターンシップなのかな。

クロエは今回も大活躍。しかも綺麗に映ってるシーンが多かった。ファインが亜空間の入り口を見てる背後でクラークを助けて急いで隠れるところはちょっと笑った(とことこかわいくて)
ファインのあれはえぐかったなー…。
ライオネルは実際のところどれだけクラークやクリプトニアンのことを覚えているんでしょうか。今回のファインの件はただ調査して偶然おかしいとわかったのか、それともなにかで察知していたのか…。
またレックスが錯乱するのが心配だとか彼が壊れやすいとか言ってレックスをすごく怒らせてしまって、思いっきり頭を両手で押さえられちゃってるライオネル。でもどこまで本気なのかな…。もうこの親子はこっちが心配したってどうにもなんない(いや、ドラマだから全部そうなんですけど)ので、心配するのはやめとくか…。

クロエとロイスのシーンで最後にロイスがデイリープラネットのマークを背後に映って、マークを見て微笑むんですが………彼女なのかー…ほんとうにこのロイスがロイスなのね…。クロエはどうなっちゃうんだろう…。

なおいつものように、ほんとうの話を知りたい方はMooovingな日々さまへどうぞ。今回はこちらこちら
SMALLVILLE#507 "Splinter"
またケント家のローンが増えてしまった…。自爆でも保険金が出るタイプのに加入していることを祈りつつ見たわけですが(いやな見方だな)、最初に自分が怪我した時点で変なことが起きるかもって気がついて欲しい。もう大学生で大人なんだから。…まああれが作用した瞬間から銀色の石については考えないようにコントロールされていたのかなと解釈もできますしょうか。

それにしても今回は見る側もどこからがクラークの妄想なのかわかりづらくて、なかなかどきどきはらはらできました。さすがにラナとレックスのはわかりきってる感じがしましたが、面白かったのはライオネルとジョナサンのシーン。ライオネルはレックスの将来のためにこの選挙に勝つことを願ってない。で、会社のバランスシートをジョナサンに渡した。クラークがお金だと思い込んだ紙がそれだったようですが、ルーサーコープクラスの会社のバランスシートを簡単に受け取ってしまうジョナサンもさすがにクラークの父だな。罠かもとか思わないのか。思わないんだろうな。
ところで今回のすごく不思議な部分。
大学の寮にラナを連れに行ったクラークがいなくなった直後にクロエが到着するけど、クラークはスーパースピードで数秒でここに来られるんじゃなかったっけ。普通に車で移動した?クロエはいつから超人になったんでしょうか。


銀色の石がクラークに見せたものは、もともと心の奥にある不安だったとしたら、クラークは毎日ものすごい不安の中で生きてるんですね。両親すら信じられない。生まれるはずだった弟のこともずっと気にしてる。
普段はクラーキープーとかBDAとかいろいろ思いながらクラークの行動を見ている私ですが、さすがにかわいそうになりました。世界で自分と同じ人間がいない、たった一人ってどれだけ寂しいだろう。
でももっと考えると、同じ人間同士の中にいながら孤独な人ってどれだけの寂しさを抱えてるんだろう(レックスね)
クラークの場合は違う生命体だからで片付くけど後者の場合は心を開けとか正直になれとかいろいろ言われちゃう。どちらが辛いんだろうか。でも辛さってそれぞれのものだからわからないか。

レックスが「彼女になにしたんだ」って聞いたとき、ちょっと涙目だったのが気に食わないわ(超わがまま)
あなたを裏切る前に死ぬ、ってクロエに言わせてるのも気に食わない。

レックスが暖炉で火をかいてるときは彼が怒りを静めようと努力しているときということでいいんでしょうか。思いっきり顔に「不機嫌」って書いてありました。ライオネルに、大統領になったって周囲の人間の対応は変わらない、お前の中にあるものがわかるから、ラナもお前を愛さないなーんてこと言われちゃってさらに傷つくレックス。

で、このエピソードは一番最後の辺りで目を離しちゃだめです。これ大切。

さて、一体どんなお話だったのか私のこのブログではわけわかんないですね。そこでMooovingな日々さまのブログをどうぞ(私はYahooブログの回し者でもなんでもありません/笑) こちらとこちら
すっかりごぶさた
都合で勝手にお休みしておりましたが、また更新開始です。こんないい加減な私ですがなにとぞよろしくお願い申しあげます。
マイケル・ローゼンバウムがFOXでドラマ制作
こちら。以前グレッグ・ビーマンと自分の子供のころの話の脚本を書いていると言っていましたが、FOXで30分番組として実現するそうです(MRはエグゼクティブ・プロデューサー)
"Welcome to Paradise,"というタイトルで、13才の少年(MR)と風変わりな一家がニューヨークからインディアナへ引っ越すお話だとか。

そうか、これのためにこの春からこっちほとんど露出がなかったんですね。トレカのサインが超いい加減なのも、このドラマもあって忙しかったせいだと思えば貴重だな(自分に言い聞かせている)
Aquaman/アクアマンテレビシリーズ化決定
SMALLVILLEのシーズン5に登場したAQUAMANのテレビドラマ化が決定したもようです。
SMALLVILLEと同じくコスチュームなどはないそうで、アル・ゴゥ&マイルズ・ミラープロデュース。でもどうやら俳優はこの前と違う人になるらしいです。

海が舞台とか考えるとつい「アトランティスから来た男」を思い出してしまいますが、いつも海や水辺が舞台ってなかなかお話を続けるのは難しそう。
マイケル・ローゼンバウムサイントレカA26
シーズン4のサイントレカを買いました。
MRの超やる気ゼロサインがすてき(棒読み)
ちなみにやる気まんまんのサインはこっち
マイケル・ローゼンバウムサインカードA26

SMALLVILLE#506 "Exposed"
正しい内容を知りたい方はMooovingな日々さまのこちらこちらをどうぞ。カナダには足を向けて眠れませんが、私は北枕で寝ているのでちょうどよかった。

ロイスのナイスボディが今回も見られました。っていうかこれのためにエリカ・デュランスは休み中にがんばったのではないでしょうか。リバウンドを心配しつつ中身の感想を。

クラークはレックスを疑いすぎ。疑われるレックスも悪いけどクラークとジョナサンはもっと悪い。
レックスがジョナサンに説明にきたシーンは、本来ならレックスに「携帯の発信記録を取るなんて汚いぞ」ぐらい言えるのに、自分の言動になんとなくやましいところがあるから言えない感じ。レックスをルーサーの名前以外で見たことが一度もないもんな、この男は。
赤字で差し押さえられた農場を救ったのは誰なのかすっかり忘れている。
しかもやっぱりクラークはレックスのお世話になった。

ヨーロッパ人っぽい犯人はもしかしてシーズン前にちょっと噂になった王子様なのか。それが流れてかわりにトム・ウォパットを入れたのかなとかちょっと勘ぐってしまいました。でも25年来の親友って設定だからそれはそれで当初から予定にはいってたのか。

今回のレックスは最初にエクササイズ直後の姿で背中に汗をかいてます。ポロシャツっぽいのは茶色。シャツの色法則に入っていない色です。あれ~?+あれだけ殴っておいてまだくるかクラークとか思いつつ見ていると、レックスは青いビンのミネラルウォーターを飲んでます。青!しかも飲んでる!これはレックスは濡れ衣だろうと思いましたがやっぱりそうでした。でも捏造はしなくてもスクープさせることはするかも。
それとソーヤー刑事はシーズン2の"Insurgence"でクラークに銃を向けて制止しシーズン3第一話では銀行強盗をした赤クラークを包囲した警官の一人なんですね。でも彼女はクラークにまったく気がついてない(笑)

時計の音は今回も入ってました。そして未だに時計のありかがわかりません。意味はないのかもしれないけど録音する上で部屋にない音をわざわざ入れるのはおかしい。かといって部屋のどこかにあんなにはっきり聞こえる時計があるようには見えない。
これはレックスのシャツの色法則やステンドグラスの色配置の意味が公式には発表されていないようなものではないだろうか。で、ちょっと思い出して#113:魔のタトゥー/Kineticを確認したんですが大変なことに(笑)
吹き替え版には時計の音が入っていません。そんなのありかと思って一個でもニコデモの回を確認しました。足音はしますが時計の音がありません。なんてこったい。
吹き替え版を作る会社が配給元から情報をもらっていないわけがない。もしあの時計の音が秘密の効果ならそれは絶対入れておくようにって指示があるはず。というわけで、効果音ってわけではなく部屋のどこかに時計があると。どこだ!!ぜったい見つける!

閑話休題。

デイリープラネットでロイスが働かずにクロエが働いている様子はすごく奇妙でした。いったいどうなっちゃうんだろう…。アクアマンのスピンオフがあるかもしれないらしいんで、クロエがこのままそっちに移動でアクアマンを助ける記者になるってのはどうだろう(もう無理やり自分を安心させようとしております/笑)

クラークがラスト近くでレックスに謝りに行ったのは新鮮だった!レックスが嫌味たっぷりなのも気持ちよかった。犯人の部屋が紫で一瞬驚きましたが結果オーライです。しかもレックスにヒーローは完全ではない的なことをさとされるクラーク。こういう都合のいい部分だけ素直に聞くクラーク。多分ずっと覚えてるんだろうな。

今回はマーサとラナとファインが出てませんでした。ラナがでないだけですっかり空気はスーパーマンになるんだな。この物語がSMALLVILLEである一番の要の人物はやっぱりラナかと実感しました。いやもうクロエが納得済みであきらめられるんだったら、それはそれでこっちもそのつもりで安心して見られますし、とにかく将来はロイスなんだし(想像するだけでクラクラしますが)
そういえば今回ロイスのストリップを、ものすごく気持ち悪そうに見るクラークが笑えました。おまえは将来その女性と…(笑)
あとまったくお話と関係ありませんがストリップクラブのカードをレックスがクラークに渡したときひそかに「おらといっしょにぱらいそさいぐだー!」とつぶやいた私ですが、なんとあの漫画、映画化されて今週公開なんですね。今浦島状態で全く存じませんでした。阿部ちゃん主演。沢田研二じゃないのか(笑)
スーパーマンもそうですがこの手の大掛かりな映画はやはり映画館で見るのが一番でしょう。というわけで自分のメモ用に来年公開のスーパーマン公式サイトと19日から公開の奇談公式サイトいんへるのー!
クロエのメール
ネタバレどんとこ~い!と開き直って先のエピソードのフォーラムも読んでいますが、しょせんは英語がわからないのでやりとりがよくわかりません。ある意味ラッキー(笑)
すごい勢いでトピックの中身が増えているうえに評価もAと高いので楽しみです。

その中でクロエのメールアドレスにメールを送るとサイトリンク入りのメールが返信されるとあったのでやってみました。一瞬のちにはレックスの立候補に関する内容のメールがきて、CKUのウェブサイトアドレスが。クリックして入った先にはめくるめく背広レックスワールドが広がっていました。印刷できるポスターやカンバッジ用画像、アイロンプリント用画像や壁紙まで用意されてて至れり尽くせりです。
で、ためしにポスターを印刷してみました。
VOTE LEX

ALPSのMD5500P/VD印刷/横15.3センチ縦20.2センチ。なかなかいい感じです。余談ですがこのMD機買ってからすでに六年経っているのにまだ現役で壊れる様子がありません。

このポスター、今現在MRのサイン入りでJGのオークションに出品されているものですね。撮影は先月済んだらしいのでもういらないのかな(笑)
Splinterトレーラー
もうなんだかやけくそ気味にどんどんネタばれを見ているわけですが(笑)本日も愚痴モード全開です。ここに以下伏字→レックスとラナのラブラブシーンが。キスする二人を物陰から見るクラーク。っていうかまたそっとレックスの家に忍び込んでるのか(彼の妄想なんだけどつい…)
そういえば彼はシーズン1のときしょっちゅう望遠鏡でラナを覗き見してたっけ、などと懐かしんだりしようとする自分が情けないですな。
LEXMASの前にクラークの妄想ネタがあるんだから、どうなってんだシーズン5のストーリー構成は。ネタ被ってないか?まあレックスの場合は昏睡状態の時に見た夢らしいからクラークのように周囲に被害を及ぼすことはなさそうだけど。
←伏字終わり

それにしても何か変なものを見たとき英語でも「目が~!私の汚れのない目が~!」って冗談を言うんですね。TWoPでみかけてつい笑ってしまいました。いや笑い事じゃないんですけどね、同じレックス萌え人間としては。
アネット・オトゥールが思いっきりネタばれ(笑)
こちらの記事(真ん中あたりの"NO "S" ON HER CHEST")でインタビューに応じたAOが、思いっきり11月17日放送分のネタバレを言ってました(笑)
いや確かにそりゃあSMALLVILLEだからそうなんだけど、平気なのかな。

それからJGオークションのトレカの結果については昨日のブログで。
LEXMAS
それにしてもLEXMASでレックスが見る夢はなんだかもうとんでもないもので、情けない以外のなにものでもない感じです。
以下伏字→TWoPのフォーラムでもあきらめの気配すら漂っております(笑)
最初はいったいなにが起きたんだろうと思って上述の映像を見たんですが、あいた口がふさがりませんでした。ラナが太ってると思ったら妊娠してるんじゃん、とほほ~。
そしてジョナサンからもクラークからもおめでとうとか言われて、クラークには君にはそれだけの価値があるとかいわれちゃう。
でもこれ全部レックスの夢ですからぁ~~残念!妄・想・切り!!(さ…さむい……)

もうなんだかな~…しか言えないですよ。
どんな美女でも手中にできる立場のレックスがラナ?
しかも彼女と結婚したいなんてそんなバナナ。

む~~ん……ラナを愛してるというよりも、クラークより自分を選んでくれるって部分が大事なのかなと。だからこそ将来ロイスに横恋慕するんじゃないかな。その人を愛するっていうよりクラークに勝つための手段みたいな感じに思える。
いや、レックスがラナを本気で愛してるにしてはちょっと不自然じゃないかなと考えた末なんですが、無理矢理すぎるでしょうか。
今回のシーズンプレミアでラナが目の前で倒れたときのあの表情を見てると、心底愛してるとは思えないんだよな。Thirstでもラナを心配してたけど、クラークとラナが正式におつきあいする以前はあんなに積極的じゃなかった気がする。確かに飛行機のチケットをあげたりタロンに住まわせたりしてあげたけど、なんかそれは愛じゃない気がする。←
伏字終わり。

なんか"Red"のクラークの欲望に通ずる泥臭いものが感じられて、ちょっとLexmasを見るのが怖くなってきました。

追記:
Mooovingな日々さまにトラックバックさせていただきました。SMALLVILLE最新情報のほかにも日本未公開のドラマや最新映画、カナダの様子など興味深い内容ばかりでおすすめです。
TV Guideチャンネルのインタビューとジェームス・マスターズインタビュー
Devoted To Smallvilleのトム・ウェリングページ<http://www.devotedfansnetwork.com/index.php?page=smallville>(DTSはよくハッキングされてウィルスを仕込まれたりしていて危ないので、直接リンクをしません。見たい方だけご自分の責任のもとにコピペしてご覧ください。今現在は大丈夫でしたが一瞬後にはわかりません)にテレビガイドチャンネルで放送された映像があります。"LEXMAS"のちょっとしたネタバレが含まれていてTW以外にもKK、AM、MR、JSが出てます。
MRがスキンヘッドでいた時間を計算したら、3276時間27分だったそうです。ほんとかな(笑)

AOL Televisionにジェームス・マスターズインタビューが掲載されています。
Tom Welling.orgが見られるように。
いつの間にかTomWelling.orgが日本からプロキシなしで見られるようになってました。でも画像がのきなみ×マークなのであまり意味がないような(笑)情報だけならすぐDTSに転載されるし、Tomwelling.comもあるし。

画像が見られるようになったらサイトのリンク集に加えたいと思います。
オークション
そろそろサイントレカセットが終了です。現在301ドル。ラスト数分で凄まじく上がりそう。
でもYahooオークションのような自動延長がないので気は楽かも。

円高にならないかな~……。1ドル90円でいいから…もう無理か。

追記:
意外と安値の306ドルで止まったようです。これからどんなアイテムが出るかわからないからな~。一番最後に出せば目当ての物を落札できなかった人たちが入札しそうなのに。
フォードの新車プレゼント
11月はアメリカでは視聴率月間なんだそうで、今年のSMALLVILLEはフォードの新車プレゼント。しかもキャストの誰かが直接お届けらしい。今年はWBの意気込みが違いますね(笑)
#507"Splinter"と#508"Solitude"がその視聴率週間の対象で、どうも#508が本番、プレゼントも11月17日放送分でみたい。

あと、Metropolis Mix CDのページもできましたね。こちら。CMで流れてるやつですね。そうか、今日発売なのか。

シーズン5の撮影場所
ここの情報によると、UBC(The University of British Columb)という大学でいろいろ撮影しているらしいです。ファイン教授もいたらしいので、クラークが通う大学の設定なのでしょうか、それともすごく広いからメトロポリス大学も設定してるのかな。
10月25日にはこの大学のKoerner Libraryという図書館前で"vote for Jonathan Kent""vote for Lex Luthor"の撮影をしていたらしいです。それは#510"Fanatic"の一シーンと思われるので、大体二~三ヶ月分くらい先の分まで撮影できているってことでしょうか。意外と余裕?(笑)
時計はどこだ
寝る前にダブルレックスのOnyxでも見てにまにましながら寝ようかななどと思ったのが運のつき。

いままで気にならなかった音が耳にはいりました。
時計の秒針の音です。
レックスが親父と最初に話すシーンでなにかカチコチいってる。音を大きくしたらどうやら時計の秒針の音。
…おや~…?レックスの書斎にそんなでかい音がする時計なんてあったっけ?
で、こちらを確認。
この状態はシーズン1の17話"死神になった男 Reaper"なのでDVDで確認。…時計の音がします。
もう一度こちらを確認。
ない。
あんな大きな音がするのに、時計がない。いや、実際は確認するまでもなく承知してたことなんですが(笑)
なぜかというと夏に出した同人誌でレックスの書斎特集をしたときに、机の上から後ろの棚までけっこうすみずみチェックしたんです。でもその中に時計はなかった。
それとも時計に見えないものが中に時計が仕込んであるとかなのか?金色の丸いやつとかが器じゃなくて中に時計が?

とても気になったのでとりあえずレックスの書斎が出てくるシーンをいくつかチョイスしました。音楽と重なっていないときはほぼ音がします。シーズン1最終回でもクラークとレックスのシーン、従業員を集めてのシーンで聞こえてます。ついこの前の"Thirst"でもファインとのシーンでしっかり聞こえました。
時計はどこなんだ……。すっごく気になる。

ものすごく穿った考え方をすると、必要のない音をずっと入れてるってことは、この時計の音はレックスの宿敵への残り時間を計っているような感じなんだろうか。

そういえばステンドグラスの色配置もちょっと特集したんですが、思いっきり#117の色配置を見落としてました。無念。#116と一枚違うのね。
ああ気になって眠れない…。まずいです。
…本棚付近が怪しいか……?
SMALLVILLE#505 "Thirst"
最初に告白とお詫びをします。
ラナだけが出てるところは全部早送りしましたごめんなさい。
部屋を片付けてクラークと話をしてるところと、クロエと話してる部分は見ました。
…だってどうせラナのセリフ聞き取る気ゼロだし、あとでomarGのリキャップ読めばいいし(超投げやり)

正しい内容はこちらのブログ様でご覧ください。

今回、なんといっても出だしがいいです。クロエがデイリープラネットでインターンシップの応募に来て、キャリー・フィッシャー演じる編集チーフのポーリン・カーンとお話するところから始まります。
キャリー・フィッシャーがいい感じに年をとってて驚きました。ぎらぎらがない。比較してはいけないのですが先シーズンのマーゴ・キダーと正反対の印象でキャリー・フィッシャーが現在の自分をきちんと受け入れているんだろうなと感じました。
かつて一世を風靡した彼女=優秀な記者だったろうカーンとまだまだこれから可能性いっぱいのAM演じる大学生のクロエのやりとりは二重の意味で興味深く見られました。
そしてクロエのナレーションがはいって、彼女のリポートとして今回の事件が語られる。かっこいい入り方です。
ただちょっと気になるのはカーンの部屋のブラインドが紫色だってこと。意味なく使うにはこのドラマでは意味がありすぎる色なのに。
クロエが採用された裏に、まさかなにか…?(疑いすぎ)

ラナがクラークに、荷造りするその日までメトロポリス大学入学を話さなかったのはやっぱり変。それに高校卒業直前に大学に行くことについてはどうのこうのって後ろ向きな意見いってなかったっけ。いやもうラナ姫のいうことですからなにもかも正しいんでしょうけどね。
で、アメイジングな彼女はソロリティ入寮を許可されるとともに選ばれしバンパイヤの一員にされてしまう。
あ、そうそう、このエピソードはおそらくシリーズ初めての年中行事絡みだと思います。アルはLEXMASがそうだって言ってたけど、ハロウィンネタもいままでなかったよね。ハロウィン合わせで放送したしクラークとクロエも扮装したから、これは立派にイベントエピソードだと思う。

レックスが大学の教室に来たときのクラスのざわめきと、ファインにルーサーコープとレックスの行動への気持ちを聞かれたクラークの表情がいい感じでした。友情は終わりとか言ってても他人がレックスの悪口を言うと気になるクラーク。ジャイアン症候群かもしれません。「レックスの悪口を言っていいのはオレさまだけだー!」
ファインとレックスが互いにクラークを利用しようと一生懸命張りあってて、理由を知らなかったらほんとに変です(笑)
で、この大学にもレックスは寄付してて会社の研究を大学でさせてるとか。機密とかそういうの考えたら無駄だと思うんですけどね。無駄だといえば今回ようやく久々にレックスにボディガードっぽい人がつきましたが、あえなくファインにやられちゃいました。
…あの格納庫には監視カメラとかないのか……。ボディガードが殺されたのにその後なにもレックスのリアクションがないってことは、死体が隠されたのか?

プロジェクト1138というのはこの映画のタイトルからもらったそうです。主人公の髪型がレックス(違うって/笑)

やられたと思ったのが、レックスのシャツの色。クラークがファインに教えられて(偶然離れたメトロポリスの病院にいることを疑えよクラーク)レックスにプロジェクト1138を尋ねにいったとき、廊下にいたレックスのシャツは青。レックスはそんなの聞いたことないっていうけど、クラークにもうかけひきはなしにしようって言われちゃって告白する羽目に。
この際クラークがなんでまた簡単に屋敷に入れて、レックスもそれについてなにも言わないのかはもうどうでもいいです。すでに彼らは腐れ縁の域に入っているからきっと使用人たちも見て見ぬふりなんでしょう(笑)
で、ワクチンのケースを持って書斎に入ってきたとき、もう一度よく見るとシャツの色が青に近い紫なんですわ。なんか力抜けました。たぶんもう二度と青いシャツのレックスを見ることはないんだろうな…。

さて、書斎に飛び込んできたラナがクラークの血を吸い彼の力を得たシーンですが、おかしい、ぜったいおかしい。だって"Mortal"のときクラークの検査結果はノーマルだって結果がでてたのに。
ってことは、あのときのクラークは単に力がなくなったわけではなく、普通の体に夕方まで能力が備わっていたかつてのジョナサン状態だったと考えたほうが自然かもしれません。
事件が終わったあと、お約束どおりラナは記憶がほとんどない。でもクラークへの愛を再確認。チュー。あんたらほんとにいまの段階ではお似合いの二人だわ(笑)

レックスの書斎でお話するクラークとレックス。お礼を言うクラークだけど元はといえばクラークの惑星からきた隕石がそもそもの始まりだもんな。
そういえばSMALLVILE MAGAZINE#11でトム・ウェリングが、どんなことが結局起きようともレックスは全てクラークのせいだと思うだろうって言ってました。クラーク側としてはできることはやったけど、それはレックスに見えてないしな…。誤解が誤解を生んでその積み重ねプラスレックスの孤独が招く将来だからしかたないか。

まあ終わりよければ全てよしというすばらしい言葉がありますが、このエピソードはラストシーンでだめだめな部分を取り戻してもまだ余る感があります。
クロエがインターンシップを認められて、自分の荷物とともにデイリープラネットの一番下の地下の社員が飛び交うオフィスに入り、デスクに荷物を置く。クロエのナレーションとともにカメラはビルの外観を映し、"up, up, and away."という彼女の言葉どおりどんどん上へ上がっていってデイリープラネットのあのシンボルマークが回っているところでおしまい。どこでもこのラストはほめられてたので期待してましたが、期待以上!!

このラストシーンのために、またも一部ではクロエ=ロイス・レーン説が出始めてますね。でも問題が…。記憶を失わない限り、クラークがスーパーマンだとわかってしまっているので、スーパーマンの物語が成り立たなくなる。スーパーマンの物語はクラーク/スーパーマンとロイスの恋物語でもあるわけで、彼の正体が最初からわかってたら面白みにかけるじゃありませんか。
新スーパーマンの最後のシーズンのようにいつでもどこでもいちゃいちゃいちゃいちゃ、旦那さん世界最強伝説だから怖いものなし。正直つまらなかった。結ばれてちょっとあとまではよかったけど、クラークの苦悩とロイスのちゃっかりした恋心があってこその二人の物語だと思ってたので、どうもしらけてしまいました。
もうひとつ気になるのは、このSMALLVILLEの中で、クラークはなぜかロイスにだけ「はぁぁぁ?なんですかぁぁ?(明石屋さんま風に)」的な顔や発言を平気でしちゃう。レックスにさえ長いつきあいの末につい最近までそこまで露骨にはしなかったような表情をする。実はロイスは誰よりもクラークの素に近い場所にいるのではないかと感じる。
む~~ん……でも今回のパーティー潜入のように、クロエとクラークが一緒に捜査するっていうのはすごくお似合い。"Aqua"のときの犬クラークも笑えたけどクロエになんでか頭が上がらなくなりつつあるクラークは見てて楽しいよな。
ラナとのお別れも含め(だってアル・ゴゥが二人は結ばれないって言ってたし)、今後がとても気になります。
AXNでもようやく来週からシーズン2が始まるので、ここはひとつぜひとも最後まで放送しつづけて欲しいですね。
第100話目のエピソード続報
KryptonSiteに第101話目/#513の"Vengeance"のネタバレが掲載されました
以下伏字→クロエが生きてます!!死ぬのはクロエじゃないんだ!!やった~~!!ものすごく安心してドラマを見続けることができます!!!
K-Siteの予想投票ではいまのところジョナサンがトップ、二番目がライオネルです。私もそう思う(笑)
いやもう、ほっとしました。
それにもしその回で死んでも実はそれは嘘でしたとか生き返りましたってこともありそうだし(クロエが無事だとわかったとたんにこの気楽さ/笑)
タイトルが意味ありげで#512とお話がつながっていそうだったのに、どうもまったく違う話のようですね。果たして親しかったり愛する人が死んで翌週にクラークがすぐ立ち直っているのかどうか謎ですが、アリシアのときもけろっとしてたので平気なのか(ぉぃぉぃ)

←伏字終わり。

で、この#513の一番のみどころはこれかも。
クラークがパンストをかぶる。
一刻も早く見たい!!(爆笑)
ジョン・グローバーのアルツハイマー基金オークション開始
JGのアルツハイマー基金SMALLVILLEオークションが始まりました。こちら
・シーズン1ラスト近くでレックスがオクタゴナルキーをしまった入れ物(TWのサインつきグリーンオクタゴナルキー入り)(卓上カレンダーだったそうです。ドラマの中でこの入れ物の正体が謎だったのでちょっとうれしいv)
・クラークが受け取ったスワン博士の招待状(TWのサインつき)
・シーズン2トレカセット(TW、KK、MR、AM、JGのサインつきカード入り)+バインダー(TW、KK、MRのサインつき)。
・超目玉:レッドクリプトナイトのクラスリング
これからまだまだ出品されます。 乞ご期待!

それにしてもどれもすでにけっこうな入札価格になってますね。MR物はまだかな。

追記
オークション担当からのメールによるとキャストのサイン入りSMALLVILLEホッケージャージなるものも出品されるそうです。…ホッケーシーンなんてあったっけ?…まさかMRがどこかで着たものだったりして?
レックスのトレーディングカード:シーズン4
レックスのパッチカードを買いました。なんかただいま続々と販売されたりイーベイに出品されたりしています。そのうち出回らなくなるのかな。トレーディングカードの世界は奥が深すぎてよくわかりません。
このパッチカードとサインカードが合わさった超レアカードは二~三万するんですね。

シーズン4:レックスパッチカード

シーズン4"Forever"の焼けた火かき棒で拷問されるシーンで着てたシャツです。画面で見るのとなんだか印象がずいぶん違う生地です。地紋がひし形で面白い。
SMALLVILLE MAGAZINE #11到着
とりあえずジェームス・マスターズのところだけ読み終えました。思いっきりブレイニアックの正体ネタばれしてました…。いや、物語がわかりやすくなっていいんですけどね。なにしろ全く方向性がわからないままにセリフを聞いていると、それでなくても全然わからないのに余計混乱するんですわ。
ファイン教授がそういう路線だってわかってれば、セリフの意味もかんぐれるってものです。

JMが語ったブレイニアックの設定は以下のとおり。
伏字→ブレイニアックはクリプトンのコンピューターシステムだったが、クリプトンを支配しようとしたゾッドによって改変され、彼が使ったそのときに惑星が破滅。ブレイニアックは地球に来て地球の自然の美しさを知り、それを破壊している人間の存在を知る。そこでクラークに、猿のような考えをやめさせ、自分が何者であるか思い起こさせようとする。
なるほど~。だからレックスを悪者扱いするわけですね。
で、レックスはクリプトニアンこそが悪者だと思いはじめる…のかな。

このほかにトム・ウェリング、ジョン・シュナイダー、アル&マイルズのインタビューがあります。
なんだかこの夏前からMRの露出が少ない。どうしたんだろう。

11号表紙二種類


JMインタビュー、見開き2ページ


TWインタビュー、9ページ
SMALLVILLE#503 "Hidden"の続き
例の100話目に起きるであろうあれなんですが、以下伏字→冷静に考えたら"someone you love"なんですね。ライオネルは違うじゃん……。ジョナサンとクロエ、もしくはジョナサンとロイス、もしくはロイスとクロエ…でもロイスとクラークって互いに好きってわけじゃないから違うか。

TWoPではシェルビーなんじゃないかって憶測も飛んでおりました(笑)
それですむならきっとシェルビーは自ら進んでそうしてくれると思う。そういう奴だ彼は。…あれ、「彼」だっけ「彼女」だっけ。←


なんかやだな~…気になるな~…。
SMALLVILLEアルツハイマー基金オークション続報
昨日書いたJGのオークションですが、基金オークションの担当者からメールが来ました。
それによると昨日書いたもの以外にもレックスのデスクカレンダー宇宙船キーつき(TWのサインつき)、クラークが受け取ったスワン博士の招待状(TWのサインつき)、そしていまのところきわめつけの一品が!
シーズン2と3で使われた「レックスに贈られたコンパス」!これは高値を呼びそうです。他にも写真や小物が出るそうなので楽しみです。

あと、自分がほぼ関係ないのですっかり忘れようと頭の回路が働いておりましたが(せまい心を許してください)、一番の目玉アイテムはSMALLVILLEの撮影現場への招待二人分。撮影現場でプロデューサーとディレクターと俳優とすごせるそうです。
お金と時間と現場を見たい気持ちがある方、ぜひ落札してください。
で、その後どこかに写真とかアップして見せていただけるととてもうれしい。
「ヤング・スーパーマン」シーズン2、12月6日より開始!
Designed by aykm.