FC2ブログ

ネタバレSmallville

SMALLVILLE(ヤングスーパーマン)の情報関連とレックス萌え日記。 シーズン3以降のネタばれを含みます。
SMALLVILLEアルツハイマー基金オークション
KryptonSiteに第二回ジョン・グローバーのアルツハイマー基金オークション詳細がアップされました。こちら
11月4日から開催されるそうです。

出品物の一部
トム・ウェリングサインつき大きいクリプトナイトキー(よくわかりません)
サインつきシーズン2トレーディングカード(誰の署名入りなのかまだ不明)
ジョン・グローバーの髪の毛入りクリプトナイトキー(私が去年落札したあれか?)
赤いクリプトナイトリング(去年落札されたけど結局支払いがなく今年に持ち越されたそうです。ちなみに去年は落札価格十万円を超えていたような…)
で、これがわかりません"Desk pack with kryptonite key"
クリプトナイトとデスクパックってなんだろう。
たぶんまだまだいろんなものが出ると思われます。寄付もできて好きな俳優のものやレアアイテムをゲットできる貴重なチャンスなのでおすすめです。
スポンサーサイト



SMALLVILLE#504 "Aqua"
毎度のごとく、ほんものの内容はMooovingな日々様で御確認くださいませ(ご迷惑かけてすみません)こちらこちら

だからなんでレックスを悪者にするのを急ぐのかと。
レックスの兵器開発についてはいろいろ思うところはありますが、なんか政治とか戦争とかの話につながりかねないんでやめておきます。クラークとACの発言と行動について違和感があったということだけ書いておきます。

もうひとつ。
トム・ウェリング、そのおなかは筋肉じゃなくて贅肉じゃないか!
ロイスというかエリカ・デュランスのほうが筋肉質でシェイプアップしきったスタイル!ボンキュッボンッってすごいわ。びっくり。
アクアマンの筋肉はちょっと……なんというか見てられないというか……レックスがACを拘束して水をあげないシーンはなんだかがっかりです。あまりにも安っぽい悪じゃないか。ショッカーのすぐ殺される怪人たちと同じ匂いだわ。研究室に監視カメラがないのもおかしい。いや、家に相変わらず監視がいないからおかしくないのか。もうよくわかんないよ……。レックスのあの様子じゃ事前に来ることがわかっていたとは思えない。

で、レックスのセリフでこれまでのクラークの訪問もほとんど突然だったんだろうってことがわかりました。アクアマンとクラークの無礼さにいらだったレックスがクラークに「君がマンションにぶしつけにはいりこんで賢人めいたアドバイスをする日々は終わったんだ」って。あまりに早口でわからなくてsage adviceしか聞き取れなかったんですが、DTSのお気に入りQuotesにあって助かりました。
先々週あれだけ殴っておいて、相手が言うことを聞き入れると思うのもどうかしてるぞクラーク。

あ、レックスの部屋のビリヤード台がある側の壁に変な絵が増えました。手のひらにおっさん風の首が載ってるホラーだか芸術だかわからない絵。

クラークは絶交した友人を庇ってる自分はうぶだとか言って自己嫌悪の様子だけど、レックスを庇ったんじゃなくて自分のプライドのために庇ったんじゃないかとか疑ってしまいます。ロイスがアクアマンと仲良くしてたら怒ってるしよくわかんないよ、あの宇宙人は。

当初あったレックスが水泳コーチとしてアクアマンを雇ったって部分はやっぱりなくなったんですね。アクアマンを実際に見たいまとなっては、なくなってよかったかも。

クラークが自分を庇ったって聞いたときのレックスの表情の変化には興味深いものがありました。
一瞬、純粋にショックを受けたようで以前のレックスなら後悔しそうなのに、クラークが去ったあと口元左側にすごく微妙な笑みが出ます。Onyxのラストで見せたあれです。
とりあえずあのレックスの笑みがあったので救われました。がんばれレックス!クラークに負けるな!君こそ主役だ!私の中では。

ロイスにクラークが絶対にいつかもっと特別な相手に巡り会えるよって言うシーンも意味深でした。
ほんとにほんとにこのロイスがあのロイスなの?
…いったいこの二人になにが起こったらあのロイスとクラークになれるのか…。
レックスに頭髪が生えるよりも難しそうなんだけどな……。
それにクロエがかわいそすぎる。ラナとクラークの二人なら理解も祝福もできるだろうけど突然やってきたロイス、しかもクロエの気持ちを知ってる彼女がなんてひどすぎないか。

ラストシーンでクラークは赤Tシャツ、ロイスは青カットソー。ケープの赤にスーツの青、つまりケーブに包まれる色が青。
ああっ!女優陣にも色法則が適用されている!前回のラストのクラークとクロエのシーン、クロエは赤でスーパーマンのケープ色。
クロエはやっぱり危ないのか????この色法則だけは外れてほしい限りです。 

ジェームス・マスターズについてはまったく触れないことで気持ちを想像していただければ幸いです。
なんかこう…テンション下がりまくり。疲れてるからかな。

追記
なんか忘れてると思ったらこれでした。でもこれ買って寄付しようとすると送料がタグとほぼ二倍になる。日本からなら普通にお金を寄付したほうが無駄がなくていいですね。アメリカに友達や親戚がいても一~二個で約五ドルだから考え物だな…。
まあジョン・シュナイダーとおそろいだ~と楽しむためと考えるのも手かも。
SMALLVILLE#503 "Hidden"
まあいろいろ思うところはあるわけですが。
最低でもシーズン6まであるらしいんだから、そんなに急いでレックスを悪者にしなくていいんじゃないだろうか。
クラークが常に嘘をついているとレックスが考えているとわかったことはすごくほっとしました。もうクラークにだまされるなよ(感涙)

で、先日私がぎゃーぎゃー愚痴っていた部分なんですがFOSのクラークとジョー・エルのけっこう重要なシーンの中の会話にありました。
実際にはTWoPの常連さんが名づけたその名も"Lion-El"が言うんですね。なんでいつものように声だけじゃないのかな(この疑問はまたあとで)
そんな大切なことは最初に言っとけと。
なんで彼に聞かなかったんだろうってクラークは激しく後悔しますが、それはクラークのせいじゃないと思う。
だってクロエを助けたかったろうし、約束を守らなかったらどうなるのかってわざわざ確認できる状況でもなかったよ。
あれはジョー・エルがフェアじゃないよ。それに約束を守らないことをわざわざクラークが望んだならしかたないけど、そんときはそんときで自分が生き残ってラナを助けるのでせいいっぱいだった。
そして望んでいた普通の人間になったなら、クラークにとって不利なことではないんだから。秘密がなくなってようやくラナとゴールインできたし、それまでむかついてたレックスにも嫌がらせができたしでいいことずくめなのに、あれはないんじゃないかLion-El。

しかもアル・ゴゥのインタビューによると対象は一人以上だってことで、いったいどうなるんだよ~~~!!!
ラストシーンでクロエが赤いキャミを着てたのがすごく気になる。赤はスーパーマンの色であのシーンではすでにクラークが着てるのになんで同じ色を使うのか。女優陣には色法則はないんだったら安心なんだけど……。

クロエが今回はまたも大変な目にあって、しかも信頼していたトーチの仲間を成り行きとはいえ殺してしまう。クラーク含めてこれで彼の友人全員が最低一度は人(メテオフリーク含む)を殺したことになりますね。すごい話だな。あんな町には住みたくないな。
ミサイルのサイロについては小説にでてたんで意外さは感じませんでしたが、読んでなかったらちょっと不思議に思えるかも。でもなんでもありのSmallvilleだし。

奇跡的にというか仕組まれたというか、クラークの力がまた戻っていつもの日々になる部分が興味深い感じでした。ラナがレックスにクラークのカルテを渡してクラークがノーマルであることを確認する、でもレックスは生き返るなんて普通じゃない、って言うけどラナは無視して帰ってしまう、入れ違いに正常に戻ったライオネルがなぜか二階から降りてきて、すっかりこの数週間の出来事を忘れている。
ほんとうに忘れてるのかどうかはわかりませんがレックスは混乱しまくりです。彼が庶民だったら「マジかよっ!」ぐらいは口走るほどの出来事だと思います。まさしくお狐さまやお狸さまにばかされたような感覚。

ラナが奇跡を受け入れたのは、これまでに心の中で何度も何度も奇跡が起きることを願っていたからなのかとも思えます。そして初めてクラークがラナの望んでいた奇跡を起こして生き返ってくれた。これはなにをおいてもラナにとって信じるに値する意味があるのでしょう。

奇跡をなにも考えず受け入れるか、原因を探るか。レックスとその他のキャラクターの違いはそのあたりにあるのかもしれないですね。教会にいくタイプとそうじゃないタイプでこの差ならわかりやすいんだけど、あいつら全員教会に行ってないごく普通の市民だしな(笑)

さて。
最初のほうでクラークとラナがクラークの部屋でお目覚めしてそっと降りていこうとするけど、もちろんすでに両親は起きてて見つかってしまうってほんわか面白いシーンが。怒るジョナサンと、最初は口をあんぐり開けながらもラナが帰ったあとクラークにちゃんと避妊したのって聞くマーサにクラークとジョナサンが重ねたスプーンのように同じびっくり反応をするところは爆笑でした。うちの屋根の下でそんなことして欲しくないって言うジョナサンに、父さんたちはしてないのって反論するクラークがおバカでかわいいです。しかもそのあとクロエが入ってきて気まずい空気。

ラナとクラークがラブラブなのを見ると「おまえらほんとにおバカでかわいいな」とにやにやしてしまいます。あまりにも普通のカップルで笑える。しかもまたもやラナがクラークの男物シャツを着るシーンが。つくづくこのシチュエーションというかコスプレは裸エプロンに次ぐ世の男性諸氏の夢シチュエーションなのかと(笑)
でもあのまま帰ってたけど、来るときにラナはなにも着てなかったの?

レックスが勝手にラナの部屋に入ったことに関しては犯罪的に非常識だとは思うんですが、でもタロンはレックスの持ち物だしなあ…。信用してないのになんでまだいるのかラナの気持ちがわかりませn。他のアパートないのか?
それとすごく不思議なのが、クラークの検査結果がノーマルだったこと。
以前へレンがクラークの血を採ったとき病院に普通にある顕微鏡で見ただけでも特殊な血液で、そこからラザロ薬が開発されたくらいなのになんでまたノーマル?
あの時点で誰かの肉体を使ってたってことかな。謎。

それにしてもケント家の医療費と保険の掛け金が心配な今日この頃。

正しい内容を知りたい方はMooovingな日々さまのこちらこちらをどうぞ。
ヤング・スーパーマン シーズン2、AXNで12月から放送開始!!
ヤング・スーパーマンな日々のほうへAXNでシーズン2放映開始情報を載せました。

レックスがマイクロサイトのトップにいない~~~~!!!!
なんで~~~!!!
ひどいわ、AXN。
土曜日までお休みをいたします
体調がすぐれないのと仕事の都合で、今週の土曜日までお休みをいただきたく存じます。
メールへのお返事も遅れ気味となっておりますが、メールアドレスがある方へは必ず返信をお送りしますので、いましばらくお待ちくださいませ。

アイドック拝
PEACEのオークション
PEACEのオークションが終了、トム・ウェリングのサイン入りシーズン4オープニングポスターは855ドル、シーズン4のメインキャストサイン入り白黒写真は880ドルでした。
すごいなー…。トム・ウェリングの人気はすごいわ。
MRファンとしては来月開かれる予定のJGのアルツハイマー基金オークションに期待。

なにがでるかな♪なにがでるかな♪(ごきげんよう風に)

ところでシーズン5の3話Hiddenの感想はまた別の日に。
ちょっといろいろ思うところがあり、感想をまとめることができません。いったいなに考えてるんだ、アル&マイルズ。
#504 "Aqua"の視聴率
K-Siteによると4.4/7、the futon criticでは3.9/6。
けっこう男性の視聴率が高いそうです。こちらのブログさんが詳しく説明してらっしゃいます。

で、面白いアンケートが。
ワーナーのテレビ番組にでている男性俳優の中で誰がいまHotかというものでサイト名はGay.com。こちら
投票した人の43%がジェンセン・アクレスをhotだと思い、28%がトム・ウェリングマイケル・ローゼンバウムは5%。
ゲイ受けするのはTWだろうと思っていたので意外です。プリンスチャーミングはやはり多くのゲイと多くの女性の憧れなのでしょうか、っていうかやっぱり乙女心?(笑)(しかし「美女と野獣」(アニメ・ドラマ含む)で野獣がよかったと思った人もいるはず/私含む/笑)
MRは容姿と演技とレックスという役が全部そろって初めて評価されたタイプだからなあ……。

実際のところは先月始まった"Supernatural"への期待が大きいってことなんでしょうかね。
クリスティン・クルックのインタビュー
ラナの現在の立場を解説するクリスティン・クルックのインタビューがDevoted to SMALLVILLEに載ってました。Windows Mediaプレイヤーはこちら。リアルプレイヤーはこちら
ネタばれです。

これを見るとクリスティン・クルックがいかにラナを演じきっているかわかります(笑)
ゲド戦記もそうだったけど、演技がうまいというか自然というか。
だからこそラナはあんなに(以下自主規制)

それから"Aqua"のレックスとアクアマンのツーショット画像も。こちら
頬杖をついて裸のアクアマンを見るレックス。放送コードは大丈夫かっ?(笑)
第100話目のエピソード
KryptonSiteによると、今週発売のアメリカのテレビガイドにいろいろなネタばれが載っていてその中で来年二月に放送の記念すべき第100話目の話も……。こちらの下のほう。

やだ!なにこれ…先週分のお話が関わってるの?いったいなにが起きてるんだ!早く見たいような見たくないような。…ネタばれしてもいいからちょっとフォーラム覗いてみたほうがいいのかな…。

以下ネタばれワードをぎゃーすか叫びまくっております。知ってもいい方だけ反転をどうぞ。

クラークに近い主要キャラが一人以上死ぬって~~~!!!やだやだやだやだ~~!!なんだかんだ言いながらも、誰かが死んだらつまんないじゃんか~~!!しかも確実にラナじゃないよね(ぉぃぉぃ)
ってことは…クロエ?ジョナサン?ままままさかマーサ?
……一番ストーリー的にあきらめがつくのはライオネルだな…。
次にあきらめがつくのはジョナサン。ジョー・エルとの取引で一度は心臓を患ってそれが治って命拾いしてる。
ああっ!クロエだったらどうしよう!すごく落ちこむし見る気力が格段に下がるよ~!

大穴はレックスか?
一度死んで、違う顔でよみがえる。…いや…オフシーズン中や雑誌のインタビューでMRがレックス役にいらつき始めてるみたいだから、いっそ突然の悪役交代…は、ないか。違う顔じゃなくて生き返って完全に悪者モードになるとかはどうだろう。

ダークホースはロイス・レーン。
ロイス・レーンが死んでしまうがそれを隠すために整形手術によってクロエがロイスに、でクロエは死んだことに(理由はなんか適当に想像)
このロイス=クロエ説ってロイスが実際に登場するまでけっこう各フォーラムやファンサイトで言われてたんだけど、でもそうすると結果を知ってる視聴者から見たら、ラナとクラークの恋愛がドラマとして機能しなくなる可能性もあるし……。ラナにいろいろ思うところはあるけど、クラークのラナへの思い抜きにはSMALLVILLEは進まないしね。

…やはり素直にジョナサンかライオネルでいいか………。そうだ、第100話は例の「五年後でいい?」だからジョナサンかな。
もしくは二月までに新しい主要キャラ登場…(ないない)

第100話はまたマイルズ・ミラーがディレクターなので、なんかひと癖ありそうな。
"Aqua"のTrailer
すごく短いですがDevoted to SMALLVILLEに出てました。WindowsMediaプレイヤーはこちら、リアルプレイヤーはこちら(リンク先はDTSではありません)
クラークは水の中で息ができるんだろうか…。宇宙でも平気だから平気なのかな。
シーズン5の視聴率
3話の"Hidden"まで結果が出て、木曜日のあの時間帯の番組としてはいい結果が続いているそうです。こちら
来週はアクアマン登場なので、またもや高視聴率をマークしそうですね。しかもレックスのこんなシーンもあるそうで…(笑)
そうそう、あれぐらいはやらないと悪者とは言えないよね(違う違う)

10月21日追記
ブログ「アメリカに暮らす」さんからたびたびTBをいただくのですが、どうも当方のブログの中身を確認せずにTBなさっているようです。
本日「クリスティン・クルックのインタビュー」にいただいたTBはどう読んでも視聴率関係なので、大変申しわけないのですが削除させていただき、当方から該当ページへリンクを張る形にいたしました。
こちらです→「米国TVランキング: 10/10(月)~ 10/16(日)

当方はトラックバックについてこれを基本に考えております。
当方へのリンクがなくても受け入れるTBは、見に行った方ががっかりしないことを原則としております(「Mooovingな日々」さまには当方から土下座してお願いしてでもTBをいただきたいほどです。勝手にリンクさせていただいております/笑)
ほんの数行の日記やほとんどヤングスーパーマンの情報が含まれていないブログのTBの場合、失礼ながら削除させていただいております。
SMALLVILLE#502 "Mortal"続き
なんかすごくむにゅむにゅするのでTWoPのリキャップ片手にもう一度ゆっくりと見ました。
余計な茶々がたくさん入ってて読む分には面白いんですが、こういうときはちょっともどかしいですね。

結果。
わかんない。
レックスがあそこまで殴られなきゃいけない意味がどうしても理解できない。
工場に侵入する前に、クロエが「レックスに頼んだら」みたいなことを言うと「電話したけどワシントンに行ってて連絡つかなかった」とかクラークが答えてる。
で、事件が解決してからクロエが説明した意味は、どうやらリアルタイムで見た者がいるってことらしい。
そしてレックスの書斎、レックスがパソコンでビデオを見て"This isn't possible."そこへクラークがなんの前触れもなく「がっかりしたか?」
ところでゆうべこの"This isn't possible."とimpossibleはどう違うんだと思ってたんですが、"This isn't possible."ってつぶやくのは日本語だと「できないか」とか「無理か」って感じみたいです。
いや、いろいろ調べてみたんですが文法説明にばかり行き当たってしまって、でここで単語で調べてみたら例文に"That's not possible."が。これは文を開くと"That is not possible."で、略す部分を変えたら"That isn't possible."になるんじゃないかな~と……。 …違うかな…違うかも。…略す部分が変わるってのがおかしいか。まあいいや、ニュアンスはわかった。

閑話休題。
で、そのクラークなんですが、着替えてるんですよね。しかも時間はもう夜。レックスが帰ったかどうか確認してから来たのかもしれないけど、レックスがそこまでするんなら入り口に警備くらい置いておくようになると思う。ましてやスーパーパワーがなくなったクラークがなんのお咎めもなく入れる環境って…。
しかもリアルタイムでもし見てたなら、もう一度わざわざ見て「無理か」なんて言わないし。整合性に欠けている。
この物語に整合性を求める私が間違ってると思った方、恐らくあなたは正しい(笑)
レックス側から見ると、クラークやこの町や自分の周囲全てが整合性を失ってる状態なんで、すごくレックス気分。つまり「おかしい、つじつまが合わない」と思うのが自然ってことではないでしょうか。
そこを追求しつつ、ついでにその原因となっているらしき隕石の力と宇宙船を調べて、あわよくば自分の力にしたいな~って思うレックス。
よくよく思い返してみれば、もう実験はやめたみたいなことをレックスは"Krypto"のときに言ってたんだけど、あれは動物実験をやめたってだけで、彼なりのレベル3実験は続けてたんでしょう。
なんか"Aqua"では湖底に研究所があるとかなんとか。しかもアクアマンを水抜き拷問するとか(笑)
どういう研究なのかによって今後のレックスの悪への道が決定するのかな。

あと、書斎のシーンでステンドグラスの「L」が下の枠に移動してます。前は上の枠の中央だったのが、今回はその下の枠中央。
書斎は元通りになってます。「L」以外で特に目立ったインテリアの移動や変化はいまのところ見られません。

レックスのシャツの色法則がまだ生きてるとしたら、クラークとの殴り合いのシーンでえんじ色っていうのもちょっとおかしい。紫ならルーサーとして黒ならレックスのオリジンで納得もできるんだけど、えんじ?

で、ふと私がもってるレックスパッチカードを思い出しました。同じ色です。これは#316"Crush"でレックスが着ていたシャツ。親父に仕組まれてメトロンラボでの殺人事件容疑をかけられてしまう。クラークにもレックスがなにかやったと疑われている。
…ぉ。ここになにかありそうです。各エピソードのシャツの色をチェックしなくては。そうだ、それより今回最初のベルリーブのシーンだ。
……微妙です。うちのテレビではほぼ青なんですが、廊下を一人で歩く一瞬だけ紫に見えます。でもぶつかったあとバストショットで映ったときは青。
青とラストのえんじ。

以上の結果、なりゆきで利用した、という解釈をとりたいと思います。
レックスが最初から計画的にやると思わせたいなら、製作側はまずレックスの屋敷に警備を置いてクラークの不法侵入をどうにかするか、もしくは最低でも執事を通して来客を伝えさせるように(笑)

こんな中途半端な悪さじゃなくって、もっとこう、誰が見てもすっごい悪い人になってもらわないと。まだまだ悪人度が低いわ。

それからすっかり書くの忘れてましたが、クラークとクロエのコンビは最高にいかしてます。クロエはすっかりクラークへの片思いを断ち切った感じでラナとの幸せを喜んでる。えらいぞクロエ!なんていい女なんだ!
でもあのトランクは他人に見せちゃだめ(笑)
SMALLVILLE:THE OFFICIAL CONPANION Season 3続報
Smallville: The Official Companion Season 3 (Smallville)、アマゾンの写真が新しいのに変わってますね。
来月の中頃には届くのでしょうか。
ガイド片手にもう一度DVDを見る年末年始もいいかも(もう年末の話/笑)
SMALLVILLE#502 "Mortal"
正しい内容を知りたい方は『Mooovingな日々』さまのこちらこちらの解説を強くおすすめします。


以前レックスがやられたのと同じような目にライオネルがあってます。しかもまだクリプトンのなにかに操られてるらしい。でもレックスがいるマジックミラーから奥に振り返って戻るとき、一瞬ライオネルったら密かに笑ってる。怖い。レックスが見てるってわかってるんだろうなって感じ。
まあそれは置いておいて(ぉぃぉぃ)

問題はレックスが今回の事件をほんとうに最初から仕組んだのかどうかです。
いままでのレックスから考えて、クラークへのあのリアクションはどっちもあり。父親絡み以外のときは自分が悪者に思われてもけっこう平然として熱く否定はしないのがレックス流だから偶然撮られたビデオを見て驚いていた可能性もある。
でもベルリーブでレックスがぶつかったあとにものすごい脱走騒ぎになったのに、現場からほんのちょっとしか離れてなかったはずのレックスの様子が映されてない…。つまりストーリー構成側としては言外に「これはレックスの計画ですよ」としてると思っていいのかも。
なにしろクロエにも強い態度でクラークの事を聞いてるし……。あの石台、ぜったいに持って帰ってそうだわ(笑)

これまでのパターンだと偶然起きた事故を利用したってとれるんだけど。で、もちろん失敗しちゃう。今回もどうも詰めが甘すぎる。っていうかわざわざ計画してまであんなことをするよりも、クラークの様子を影からビデオで撮ったり、クリプトナイトを用意しておいてそれをどうにかして握らせるとか、なんか方法がありそうな……。 
む~~~~ん………。

計画的だとしたらラナや家族の命も危なかったんだしクラークが激怒するのは当然なんだけど、どうもピンとこない。なにがひっかかる……。なんだろう………。
ピンとくるまでとりあえず置いておいてと(またか)

レベル3でのクリプトナイト投与実験が済んでお払い箱になった犯人たちはすでに例の震えが始まってて、抑えるためにレベル3にある血清が必要だと言われ、クロエとともにルーサーコープの工場に忍び込むことになったクラーク。力を失っててよかったね。
クロエの車のトランクには爆笑しました(笑)妙齢の女の子のあんなトランク、ありえなーい!だから好きだよクロエ~!クラーク以上に歩く危険物じゃん!!しかもイーベイで入手したらしい。たしか前シリーズでイザベルの魔法書もイーベイで落札だったよな。なんでもありかイーベイ(笑)
で、そんなこんなでスーパーハッカークロエの力で侵入成功、クラークは天井のダクトを通ってレベル3に到着。中からドア開けてクロエも入室。……ありえな~いパート2!ダクトの中を移動してるときクラークったら音たてすぎ!ドカドカうるさいわ話し声はでかいわ、絶対に美術館やクラシックコンサートには一緒に行けないタイプだな。
もうねもうね、あの時点で誰にも気づかれないってとこでおかしいって思ってよ二人とも~~!
緑色の血清はレーザーで守られてて力がなくなったクラークには取れなかったんだけど、ちょうどそのシーンのビデオをレックスが見て”This isn't possible”。
どうもニュアンスがわからないんですが"Impossible"とどう違うんでしょうか。メモメモ、あとで調べてみよう。
で、ロイスの卒業記念プレゼントの発光手榴弾が活躍するわけですが、まあその辺はどうでもいい。あの一族はエキセントリックの一言で片付くな。ルーシーなんか詐欺まがいのことやったしな。

とにかくね、レックスですよ。
レベル3をまた作ってたってのがちょっと驚きというか、TPTBがシーズン5にはいって無理やりにレックスの悪者スイッチ入れまくってるというか(私にはカチカチ音が聞こえる/幻聴…)
あれ見たらクラークはすっかりレックスが最初から自分に嘘ついてたって思い込んでもしかたないよな。でも視聴者側はシーズン1のあのとき、あきらかにレックスも親父に騙されてたって知ってるから判断に苦しむ。人体実験にしたって、レックスがやっていたのかライオネルかはっきりしてくれないんだもん。状況証拠としてはレックスにすごく不利。

でも…やっぱりラストのあのクラークの殴り方はフェアじゃないと思う。確実にレックスがやったって思っての行動なんだろうけど、レックスだってクラークにずっと嘘をつかれてたじゃん。これまでの不実や助けたり助けられたりを差し引いて、せめて最初の一発でやめとけよクラーク。倒れたレックスの胸倉掴んで起こして、さらに投げ飛ばしてまだ完全に起き上がってないところをもう一発。で、テストするなら自分で直接確かめろ臆病者とか言っちゃってもう一発殴ろうとして、ようやくレックスが一発。口元が切れて血が出て驚くレックスと不遜な笑いで「満足か?」って言うクラーク。腹が立つんですけどこの宇宙人!
ここからは思いっきり想像ですが、レックスはとっくの昔にクラークが怪我をするってのは知ってるはず。だからあの驚きはクラークの口元が切れて血が出たからじゃないと思うわけです。成り行きとはいえ、友人と思っていた相手を殴ってしまった自分に驚いているんではないでしょうか。で、クラークに「満足か」なんて言われて「うわいっけね殴っちゃった」だの「満足するわけない」だの「おまえ血糊使ったんちゃうんか」だの、いろいろな気持ちが交錯したのではないかと。いいほうに考えすぎですかね(笑)
だって唐突すぎるんだもん…。クラークがあまりにもレックスに対して頑なすぎる。なんか決定的なことってあったっけ。
あー…シーズン4のオープニングでレックスのジェットに突っ込んで危うく大事故起こしそうになったとか、ラナの殺人をレックスとライオネルが庇ったとかはあったな。
レックスの工場からバクテリアだかウィルスだかが漏れた事故は確かにまずかったけど、あれはライオネルの置き土産的研究の残りでレックスのせいじゃないし。Agelessでもレックスはクラークたちの要望どおりに検査してあげたよね。結果を公表するって約束は守ってないけどどこにも企業秘密ってあるしな。
宇宙船を隠匿しちゃったのはまずかったかな。

っていうか、やっぱりクラークがなぜそこまで頑なにレックスに話をしないのか理解に苦しむ。だめだ、私には崇高な理念とか超人の哲学はわからないわ。

さて。
ラストで、レックスを殴ってさよならしたクラークはタロンのラナの部屋に直行です。なんだかどこかの少年漫画のような展開です(この展開はTWoPでも突っ込まれていました/笑/どうやら万国共通のようです)
んでもってようやく二人は結ばれました。めでたしめでたし。ホイットニーとアダムとジェイソンとカイラとアリシアはいい面の皮です。しかもジェイソンなんか死んで約一ヵ月しか経ってないみたいなのに、死ぬちょっと前には気がおかしかったみたいに言われちゃってます。………自分がイザベルになったのはおかしいことじゃなかったのか。そうかそうか。まあ目的もあったジェイソンとアダムはしかたないとしても、改めてホイットニーに深く哀悼の意を表します。フットボールチームの花形スターで町のスターでもあったホイットニーが唯一落とせなかった聖少女ラナをとうとうクラークが。
ホイットニーがかわいそすぎる。
こんな二人をこのエピソードの最初の部分でレックスったら"Happy couple"とか呼びかけて、ラナにあからさまにいやな態度取られたりしてた。しかもクラークに「誰でもミスを犯す」なんて言ってまたもやクラークでかい態度。

…来年のスーパーマンの映画を見に行かないことには、私の中のスーパーマン像がどんどん歪んでいくばかりの今日この頃です。
SMALLVILLE:THE OFFICIAL CONPANION Season 3
このSmallville: The Official Companion Season 3 (Smallville)なんですが、以前は九月末頃発行となっていたのに、予定がずれたようです。日本のアマゾンには書いてありませんが、イギリスのアマゾンによるとこのように10月28日発行となったようです。表紙もちょっと違うみたい。
一緒に注文してあった本が先に到着しておかしいと思ってたんだけど、やっと理由がきちんとわかってほっとしました。どこを見ても買ったって話をみかけなかったわけだわ。
SMALLVILLE #501:Arrival
シーズン5が始まりました。
事前にネタバレをたくさん見たわりに意外性があって面白いドラマになってると思います。
シーズン4の第一話より面白かったのは、多分一定の答えがでたからでしょう。
スペースシップ、クロエ、ラナ、フォートレス・オブ・ソリテュード、そしてクラークとレックスの友情。

いつもどおり私の愚痴モード全開です。…だってレックスが…。
SMALLVILLE DAYSブログは毎度のごとく愚痴や偏見はいりまくりの単なるレックス萌えですので、正確で確実なストーリー解説をご希望の方はぜひ『Mooovingな日々』さまへどうぞ。
っていうか私のブログではストーリー絶対わかりません。えっへん(いばるなよ)

物語の本筋の前に、今回オープニングでクリスティン・クルックの名前を表記し間違える大ミスをしてます。KRISTINがKRISTENに。K-Siteに画像があります。こちら。来週分までには直すらしいです。
一応ヒロインなのにありえない~(笑)

本編の感想。
長年にわたったクロエの苦労がようやく報われました!よかったねクロエ!でも秘密を知ったらそれなりの運命が待っている気も…。
クラークは自分の能力よりもクロエを選んで、しかもラスト近くではラナも選んだ。なんて平等なんだスーパーマン。
フォートレス・オブ・ソリテュードはなかなかいい感じでした。いかにもCGでーす!って画面は「をいをい」ですが、テレビだし予算限られてるし。
レーダーや衛星写真には映らないシステムなんだろうなとか勝手に設定の言い訳を考える自分が悲しい。
スーパークラークになって家までドライブして、って頼むクロエと、にこりともしないクラーク。
病室でも君はいい友だちだよって、クロエの顔を見ないで言うクラーク。このシーンは放送前にネット上で公開されていたあれですが、話の流れで見るとちょっとクラーク冷たいかな。
でも実は知られていたことに困惑してクロエの反応を恐れていたんだってわかって笑顔になるので、ちょっとクラークに同情しました。ピートのときに嫌な思いしたから臆病になってたのかもね。

さて。
レックスが変です。
かつてライアンに善と悪ってのは電灯のスイッチじゃないって説明した彼が、突然スイッチ入っちゃったりします。
しかもアレクサンダースイッチじゃなくて、ロボット風スイッチ。
いろいろあってラナが勝手に道路で意識をなくして倒れるんですが、それを見ているレックスに全く表情がない。
表情がない表情をするって難しそうですが、もちろんMRですからきっちりいい仕事してます。
見てるこっちは「ラナに恋をしてるって説はこれでなくなったぜ」とか適当に盛り上がったわけですが、実はこれが伏線っぽかった。

すっかり壊れたケントの家で、一度でいいから俺に正直になってくれ、友達ならほんとうのことを話してくれって頼むレックスに一瞬たじろぐけど結局嘘を突き通すクラーク。
クラークに"No"と言われたあとのレックスの表情もまた、ラナを見ていたときと似た無表情。
これまではクラークに拒絶されると焦燥感や怒りや微妙な嫌悪を見せていたのに、今回はクラークを突き放した感じに見えました。
でもクラークはどうせまたなにか困ったことがあったらレックスの厚意に甘えに行ったりするんだろ…。人間として最低だクラーク・ケント、と突っ込もうと思っても奴は宇宙人。
あれですわ、文化の違いなんですわきっと。そう思うことにしよう。文化は遺伝子に刷り込まれないはずですが、クリプトニアンは刷り込みがあるんですよきっと。
文化どころか文明が違う星なんだから遺伝子への刷り込みだのなんだの、なにをどうやっても不思議じゃありません。

そしてレックスがクロエを迎えに行ったときに、決定的なことがありました。
病室で眠っていたクロエが人の気配に「クラーク?」って言って目を覚ますと、そこにはレックスが。
ユーコンの奥地にどうやってクラークが来られるんだ?ってセリフがあるんですが、そこのセリフの発声がすごく変。温かみがなくて平坦な感じ。
言葉がほぼわからない私ですらそう感じるんだから、よっぽどおかしいんだと思ってもらってかまいません(態度でかいな)
さすがのクロエも心配そうな顔をするほどで、その直後にいつものレックスの深くて暖かい発声で「君をつれ帰りにきた」って答える。
何度も頭打ったからとうとうきちゃったのか?とかわざと自分を笑わせようと考えたりしますが、あれはどう見てもロボットスイッチ。
フォーラムでは"evil switch"とか言われてるようです。

なんというか…私はレックスファンなんで、もうまともにこのドラマを見ることができないのかもしれません。
だってどう考えてもクラークのレックスへの発言や行動はおかしく思える。理由が思い当たらないんですわ。特に今回。
クラークが壊れた家の中で呆然とする気持ちはよくわかる。でもそこへやってきたレックスにいきなり憮然とした態度で両親のこと聞いたりするって、一体なに?
二人は病院で無事って全部情報把握してるレックスもある意味すごいけど、でも一応礼儀ってもんがあるだろうに。
レックスが洞窟でクラークを見たことやクロエのことを聞いたからって、なんで攻撃態勢なのよ。もっといろいろ言いわけを考えることもできるのにひたすら否定するのは、相手にすごく失礼じゃないのか?
言いわけするだけの価値がないって意味にも取れるよ。開き直る態度にすごく腹が立つ。確かにクラークはレックスの命を救った。すごく恩はあるだろうけど、でももういい加減にしとけよと。

レックスの隕石の研究は悪事を起こそうとしてではなく好奇心とビジネスとちょっとだけ世界平和への気持ちであって、それがクラークを追い詰める結果になっているとは全然わからない。
前シリーズでの三つの石探しも、クラークの邪魔をしようとしたわけじゃなくて好奇心。でもクラークは自分に後ろめたいところがあるからちょっとしたことでレックスを疑う。
ここまでされると、以前も書いた気がしますがレックスにはものすごく悪いことを隠れてやっているってことにして欲しい。でなきゃ気がすまない。
徹底的に誰から見ても「それは絶対レックスが悪い」って思えるような状況を作ってもらわないことには、やるせなくて見るのが辛いですわ。

それにラナの行動もすごく変。ちょっと前までジェイソンジェイソン言ってて、彼をつなぎとめるためならバージン捧げてもいいなんて考えてたのに、ジェイソンが死んだってわかっててその新聞記事を持ったままクラークに再告白とキスですか。
クラークとラナがどうなろうとどうせ将来はロイスが奥さんなんだから(…これもちょっと現段階では考えづらい展開…)勝手にやってろとも言えるんですが、ラナの「好き」ってそんなもんなの?
実はずっとクラークを心の底で愛していたけど、自分を見失ってただけ?でも他人からその行動見ると、ただの尻軽女じゃないのかな。エッチしてないから尻軽じゃないのか。
あの新聞に書かれた文字なんですが、レックスの筆跡とずいぶん違うけど…。レックスの筆跡ってもっとカクカクしてたはず。単なる設定ミスなのかそれとも他に「L」がいるのか…。
ライオネルは違うだろうし…ロイス?(違う違う)
このシーン、新聞を見るラナの顔がちょっと猪木してましたね。あの表情はKKの憤怒やアグレッシブさの表現なんでしょうか。逆にすごく悪人に見えるんですけど(笑)

あ、黒人男性と白人女性のクリプトニアン。あれは完璧に伏線へのおまけ状態ですね。つまんないし安易すぎる。クラークとのレックスの書斎での対決はしょぼかった。
っていうかあれだけ派手に壊しておいて、レックスにどう言い訳するのかな。レックスが帰ってきてあの窓の壊れ方見たら怪しむに決まってるのに。
クリプトニアンについては、実は彼らのほかに……。ラストまで目が離せません。っていうか離したらだめです絶対(笑)
それから、ジェイソンがケント家の残骸に埋まっていたと思われるのですが、ロイスが来たときジョナサンはマーサのことしか言わなくてジェイソンを探しもしなかった。
せめて死体の手だけとかでも見せてくれればいいのに。

あと気になった部分。
息子のスーパーパワーをある程度あてにしていたに違いないジョナサン(笑)
あれだけ被災者やクリプトニアンにやられた軍や警官が運び込まれているにもかかわらず、なぜか軽症なのに個室にいるマーサやラナ。
ラナはレックスがお金だしてるのかもしれないけど、マーサはおかしい。治療台に寝かされてるだけでもよさそうなのに。
事前のネタバレの中でFoSのセットは洞窟のセットの流用みたいなことがあったんですが、洞窟もちゃんと出てました。私のことだからなにか読み間違えたんだと思います。申しわけない。

あ、あとスパイク(違うって)が楽しみです。思ってた以上にドラマの空気になじんでます。見てて思ったんですが、ジェイソンっていうかジェンセン・アクレスはSMALLVILLEには線が細すぎで正統派美形すぎだったんだね。
この物語にはちょっと歪んだ美貌がぴったりなのかも。某建築家のプロポーズの言葉ではありませんが、君はバロックのようだってアレですね。それを美しいと思うか歪んでるじゃんって思うかはもうそれぞれの美意識とか趣味の違いかな。

追記
シーズン4ラストの自分のブログをサイトにコピーしてて気がついたんですが、今回は三ヶ月しないでシーズン2の第1話のように日にちをおかずに進んでましたね。クラークはちゃんと大学のオリエンテーションに間に合いそうです。
っていうかやっぱり気になる入学手続き締め切り(笑)
もう出したあとだったんでしょうかね。
マイケル・ローゼンバウムインタビュー
TENNESSEAN.comのマイケル・ローゼンバウムのインタビュー。こちら

レックス役オーディションの様子やレックス役を演じることへの不安感があったこと、他の作品に出演したときのことと現在はそれがスモールビルのためにできないでいることとそれに絡めてさりげなくそれがシーズン6まで続くと表記されています。
学生時代に"Eat it"でやったムーンウォークやグリースが友人に評判がよかったこと、ホッケーチームのこと、また毎年インディアナで行われるホッケートーナメントに友人たちとチーム参加していて、例年なら勝者が賞金を手にするが今年は全てをハリケーンカトリーナ被害に寄付したとのことなどなど。
Torchアーカイブ削除?
アメリカのTorchアーカイブが現在削除されているようです。工事中なのかほんとうに削除されるのかはまだ不明です。

イギリス版は見られます。こちら
でもどうもいくつか記事が抜けてる気がするんですわ。シーズン2の、カイラの父親である教授の記事がアメリカ版にはあった覚えがあるんですが、見当たりません。
全部保存しておくんだった。DVD特典に入れてくれないかな…。
SMALLVILLEシーズン5 第一話
視聴率的には成功したそうです!こちら
数字的には高くなくても、他の番組がすごいのであれでいいんでしょうか。楽しみです。
Designed by aykm.