FC2ブログ

ネタバレSmallville

SMALLVILLE(ヤングスーパーマン)の情報関連とレックス萌え日記。 シーズン3以降のネタばれを含みます。
SMALLVILLE #405 "Run" フラッシュ登場。
フラッシュ登場!の回です。
こそ泥フラッシュが更正のきっかけを掴む回ともいいます。
てか、実際は私フラッシュがどういう奴なのかよく存じません。
カートゥーンネットワークでやってるジャスティスリーグを見ると、なんかやたら早い赤いタイツのヒーローがいますが、でもってそれが言語を切り替えると、マイケル・ローゼンバウムの声だったり。
そういえば、今回のフラッシュ(名前はバートらしい)の衣装の色は、ジャスティスリーグで見たフラッシュのタイツの色と同じでした。

クラークに関する調査を一切やめたレックスですが、そのかわりに別の謎を追いかけてます。
世界に散らばる例の謎の遺物で、なんか今回は、ペテルブルグにあったロシアの中世の本の一頁を入手、クラークにそれを見せたりします。……また部屋の中央にライト付で飾ってるし(なぜ普通に…以下省略)
部屋のライトもなんだかムーディーです。ちょっと怖いです。

で、この謎の探求を一緒にやらないかってもちかけます。透視したらクリプトン風の地図が出てきたのでクラークもちゃっかりその案に乗っかりますが、フラッシュがそれを盗んじゃってしかもその盗んだときにクラークが居合わせたりして、もう大変です。逃げろよ。
っていうか、その一点集中のセキュリティをどうにかしろレックス。
なにやってんだってレックスの質問に、挨拶によった、とかまたも嘘をつくクラーク。
レックスは嫌味たっぷりに、信じるよ、本当の友だちなら嘘はつかないよな、って……ぉぃぉぃ。
さすがにレックスも三シーズンたっぷりとクラークの嘘に翻弄されて、だんだんとあしらい方がうまくなっております。

まあなんだかんだと、またもやレックスが気を失ってるときに事件は解決します。
気を失うにあたっては、レックスの超かっこいいアクションシーンがあったりして今シーズンのレックスは一味違うぜ!って感じです! でもやっぱり負けるんだけど。
レックス邸で、本の絵が戻されてることを知ってほっとするクラークですが、レックスが絵に隠された地図があることが調査済みなのは、知らないみたいです。

フラッシュは、盗んだmp3プレイヤーをクラークにあげようとして一度ふられた事をふっきって、またも彼を誘いますが、クラークに逆にここにいれば?って言われて「もし君が俺を捕まえたら、考えてもいいよ」って返して、二人で追いかけっこをします(……)
もちろん、フラッシュが足の速さでスーパーマンに負けるわけもなく、すっかりクラークは遊ばれフラッシュはそのままどこかへ行ってしまい、クラークが苦笑して見送る、という大変素晴らしい青春ドラマのラストでござます。

さて。

ここで大変興味深いのは、レックスが最後にノートパソコンで見ていたルーサーコープ・ネット。
なんか新しい画面があるっぽいです。
また、ログイン名とパスを使って、ルーサーコープイントラネットに入ると、あの地図が見られるようになったりするんでしょうか。こんどのパスワードはなにかな。

次回はクラークとライオネルの魂が入れ替わるらしい。
なのになんだかフォーラムがあまり動いてません。…面白くなかったのか?
スポンサーサイト



レックスの変な写真
KryptonSiteに出てた新しいプロモ写真なんですが、なんだかレックスが変な場所に入っています…。
これ
ここはいったい……。
まあ全体的にどうもちょっと濃いんですが、アリソン・マックのこれはなかなか美しいと思います。
やっぱり美人だ。
SMALLVILLE #404 Devoted
今回のレックス(ぉ

チアリーダーたちが、恋の妙薬としてクリプトナイト入りジュースを自分のターゲットのフットボール部員に飲ませて自分にめろめろにさせてしまう、というのが一応お話のメイン。

ですが、ここは「レックス萌え人間によるレックス萌え人間のためのレックス萌えブログ(長いな)」。
前回は、すっかり見る気も聞き取る気も、ましてやあんなつまらなさそうなお話に対しての各フォーラムの長い英語を読む気力もなく、オリンピックに出場できるほど遠くに槍を投げた私ですが、今回は違います。

フットボールチームにユニフォーム一式を寄付したレックスが、男の子でいっぱいのロッカールームに黒いスーツに深い赤色のネクタイ姿で登場!!
深い赤い色はレックスにとって隠れた思慕と女性を表す色!でもって、クラークに、友情は金で買えないって言われて、図星だったんでもう一押し。
クリプトナイトジュースをうっかり飲んでしまい普通の人になってるクラークが、クリプトナイトジュースの影響下にあるジェイソンに

ケント家の納屋で襲われているところに偶然やってきて助けるレックス!
そしてクラークに、自分が持っていたクラークに関する資料を全部渡してしまいます!

ところがクラークったら、コピーを持ってないって僕にはわからないから、って言って、そんなに大切な友だちになぜ嘘をついてたんだ、とかおぬかしやがります。
おまえはどうなんだと言いたい、心の底から叫びたい、ケント家にクレーム電話しちゃいたい、おまえの記憶力は絶対怪しい。
レックスは、自分には抑えられない暗い部分があって、それがこれまでいろんな友情を終わらせてしまった原因だ、他人が持っている暗い部分とは質が違う「それ」は自分を追いつめようと忍び寄ってるが、友情はそれを押しとどめることができる、世界にはいい人たちがいることを思い出させてくれる、って言う。
自分はあきらめたくない、って、クラークに静かに語りかけるわけです。常に性善説でいようと努力するレックスが泣かせます。

いわゆるこれって、幽霊はいないと思ってるのに常にその話題に興味を持つのは、いつか自分の考えを翻してくれる強い証拠が見つかるかもしれないからってタイプでしょうか。
幽霊をUFOに置き換えても可。信じさせてくれ、自分を徹底的に一生涯騙してくれ、って感覚。

その後クラークがレックス邸を訪れた際に、レックスは、空っぽになったクラークの部屋(CoCK……)をクラークに見せて、本当に彼に対する調査をやめたことを伝え、例のポルシェもつぶして鉄の塊にして部屋の真ん中にスポットライトを当てて置いてて(だからどうしてモノを普通にしまっておけないのかと)、何を失おうとしていたか自分に思い起こさせるためだとかいいます。
でもってようやくクラークがレックスの友情をまた受け入れ、ロイスレーンについて助言とかもらおうとしたり。

えっ。お話の流れですか?

…えーと。うっかりクリプトナイトジュースを飲んですっかりクラーク萌え丸出しになったクロエが、裸の上にクラークのユニフォームを一枚着てクラークの納屋でせまってキスしたり、チアリーダーの格好したり、ロイスとクラークが協力し合ってチアガールたちの恋の妙薬製造法のノートを取り上げようとして結局事件解決したり、最後はクラークがルーサーコープのマークつきユニフォームでゲームで大活躍したり。

ラナもちょっと出ていた気がするごめんなさいろくに見ませんでしたでもここレックス萌えブログだし(言い訳ばっかり)
あ。ライオネルが今回全く出ませんでした…。
っていうか、とにかくおまえは蛍光緑色のものに近づくのやめとけ、クラーク。これはきっと全員が思っているはず。
オークションタイトルが間違ってる気がする
"LEX LUTHER'S BLUE WATER BOTTLE USED IN SMALLVILLE"
今になって気がつきましたが、Luther じゃなくて Luthor じゃなかろうか。
似たようなことで、ゆうべ夜中にふと思い立ち、自分の日記を読み直してみたところ、やっぱりやってた"KryptonSite"を"KripsonSite"って。
こっそり直しました。
まあ、あれだ。萌えがあれば英語がわからないなんて、なんの障害にもなりませんってことだ。
いざとなれば翻訳ソフトに活躍してもらうし。
……翻訳ソフトが出した日本語を翻訳するソフトも欲しいけどね…。

クリプトナイトキーと言えば
今回久しぶりに、送られてきた封筒に郵便局の開封跡がありました。
カッターで切ったあとを郵便局のテープで封をしなおしたようなんですが、以前同じようなことがあったときは「検閲のために開封しました」って紙が貼ってあったと思うんですが、今回は何もなし。

毎週のようにいろんなものが届くので、とうとう怪しまれたか?って一瞬思いましたが、そんなことはもちろんなく、単に運+品物の内容が全く予測できなかった、って感じでしょうか。
ちなみに内容物の説明。めちゃくちゃ怪しい。しかも保険付。
日本の検閲は、けっこうしっかりやっていると思う。
…でももしビデオだったら、どうせ早回しするんだろうから、痛むよね。……やだなあ…。

これは確かに怪しい……
ジョン・グローバーの髪の毛入りクリプトナイトキー
10月10日にトホホな行動でお出かけできない、ということを書きましたが、なぜお出かけできないかと言うと、こんなものをeBayで競り落としてしまったために、お出かけのお金がないと。

証明書みたいなのがついてました


いやー…最初は見ているだけで、ここでも「我こそはというエコノミックアニマルの代表はいないか?」などと書いたんですが、結局自分がエコノミックアニマルでした。
レックスの青パジャマが約1000ドル近くて、それ見たら「なんだ安いじゃん」とか言う、まるでなんとか商法に引っかかったおばあさんのような状態でした(をい

スモールビルを見てない人からすると「この変なプラスチックみたいなものはなに?」とか思うんでしょうね。
…見てる人でも「なにこれ」とか思うんでしょうね。
いわゆる、私が「MRが飲んだとされているサインつき青いビンに、今現在で560ドル出す人がいるなんて信じられない!」とほざいている状況と同じでしょう。……冷静に見たらそうだよな。

まあ、ここで入手しないで一生後悔するよりも、現在話のネタに出来るプラス、もし万が一熱が冷めてからも「やあね私ったらこんなもの買っちゃってたのよ」と笑いのネタにできるほうが、多分精神衛生上いいと思います。

いいってことにしとけ!
マイケル・ローゼンバウムが飲んだ水のビン
アルツハイマー基金オークションの例の"LEX LUTHER'S BLUE WATER BOTTLE USED IN SMALLVILLE"ですが、20時00分現在でなんと、405ドルを越えています。約4万円!
はっきりいってほんとうにMRが飲んだかどうかわからないビンなのに……。
いや、サインは入ってるし面白いからってのは以前も触れたと思うんですが、ここまで上がるとは……。
恐るべし、MRファン……。
新しい映画版スーパーマン主役決定?
本来、スモールビル以外の話はなるべく避けてるんですが、まあおめでたい話題なので。夕べメチャ早く寝たご褒美なんでしょうか。また寝ますけど。

KryptonSiteからdarkhorizons.comへ経由して、最終的にlatinoreview.comがニュースソースのようです。
名前はBrandon Routh
うーん、確かにいままでで一番それっぽい。いかにもクラークって感じ。TWよりちょい若い?
いやー、へんなことにならなくてよかったよかった。
一時はドラマ宣伝かもとか疑ったり疑わなかったり(どっちだ)(実際に宣伝だったみたい)TWが出るのにMRは出ないのっ?
とか、ちょっとそわそわドキドキしてしまいましたので。

で、レックス・ルーサーは、映画版独自の解釈だよなあぁ?
スモールビルのレックス・ルーサー像は、使わないよなあぁ?
(心が狭いのでまだこだわってます)
SMALLVILLE 第二シーズンDVDの一部
こちらのサイトにSMALLVILLE 第二シーズンDVDの一部をまとめて見られるこんなコンテンツがあります。
ワーナーのスモールビルコンテンツにあるのを、見られるプレイヤーと重さごとにわけてあって使いやすいです。
ブックマークに入ってたんですが、日記に書いたかどうだか調べるの面倒なんで一応。重複してたらごめんなさいね。

もちろんレックス萌え的一番のおすすめはこれ(Winメディアプレイヤーが開きます)。スモールビルとしては激しくエッチいので、開けるときは要注意。

でもほんとうはギャグリールのおバカギャグが一番好き。
ジョン・グローバーのアルツハイマー基金オークション
また面白いものが出品されていました。これ

いや…疑ってはいけないと思うんですが、そんなもんなんでいままで取っておいたんだろう……。飲み物なんだから消えモノ扱いなんじゃないのか? …ビンだから取っておくの?
小道具はこれで今年はおしまいで、MRがサインしてるんだって。MRがその場で飲んでサインする写真でもついてればねえ…めちゃくちゃ微妙だな。まだこっちのほうが、無難な気がする。……でも絶対にネタになるよね、このビン。サイン付き写真はいつか手に入る可能性あるけど、こんな変なものはマニアならではのものだよなあ…。
買う人いるのかなあ…と思ったら、もう200ドル越えてるし(ぉ

マニアっていやぁね(おまえが言うか
SMALLVILLE #403"Facade"
突然ホイットニーです!
2001年の新学期のお話がことの始まりのようです。
ラナが乗っている的あてゲームにクラークを誘うホイットニー、ボールを受け取ったはいいけど、ラナの緑のペンダントと、ぶつけたらラナを水に落っことすことになるので手が震えるクラーク。青春です。
そこへ着ぐるみの子が入ってきてそれをフットボールチームのメンバーに剥ぎ取られて容姿を罵倒される女の子が、今回のメテオフリーク。

まあ詳細内容はそのうちサイトにアップするとして、オープニングにクロエが戻ってきてるのはいいんですが、ジェイソンのあとって位置なのが気になります。
この回でまたもやロイスとクラークの凸凹コンビは、息が合った(ぉぃぉぃ)トークを繰り広げてて、一番笑ったのは最初の部分の、ロイスが実は高校の単位を一個落としてて、卒業するためにまた高校に行かないといけないって、ロイスの父親が言いにきて、クラークがそれを聞いて笑ってロイスの父に睨まれてやめる、で、近くにいても気にしないよな、と言われて二人が同時に「どこらへん?」って聞いてスモールビルハイだって言われて、かくん、って首を落としていかにも嫌そうな様子になるクラークと、いやそうに呟くロイス。
あんたら仲いいんだか悪いんだか(いや、いまのところ悪い感じ)。
でも実はこれまででクラークが一番正直に気持ちを出せる相手のようで、今後の展開に期待(期待ったって…決まってるか)

マーサがタロンのマネージメントをしようとしてるのを、ジョナサンは一回反対するんだけど、農場とかクラークの大学とかの費用も必要、なにより自分がやりたい、って言ってジョナサンも承知する。がんばれマーサ!強いぞマーサ!

で、クラークはフットボールチームに入ろうとするわけで、今回は正直に父親に頼まず、どうも自分で親の許諾書を書いたみたい。利口になったね。

レックス萌え人間として一番気になるレックスの行動なんですが、今回は全部ラナ絡み。どうやらレックスはだんだんとラナを好きになっていってるってことらしい。
病室に見舞い行ってジェイソンにちょっとライバル心?みたいな部分とか、なんかこう、もうラナはジェイソンと幸せにしてやれ、とかこっちは思ってしまうわけです。
もう話をこれ以上複雑にしなくたっていいじゃねーか、どうせたためない風呂敷なんだから、先に広げた分だけをもっと広げようぜ。これをもっと要約すると

「もっとたくさんレックスを出せ」

最後の部分の、ロイスとクラークを見るクロエが、なんだかとってもかわいそうだった。クロエ、美人なのになあ…。

次回は…なんと…クロエがチアリーダーのかっこうを!!!
世も末教。
スモールビルグッズ
今日、これらが来ました。
DHLでしたが佐川急便が持ってきて、関税も取られませんでした。この前は綿製品のTシャツが入っていたので、がっちり取られたのかも。



ダッフルバッグとランドリーバッグ

ランドリーバッグ赤と青

ダッフルバッグ赤

ダッフルバッグ黄
クリストファー・リーブ氏逝去
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041011-00000066-kyodo-ent
http://www.foxnews.com/story/0,2933,135003,00.html
http://www.kryptonsite.com/news.htm

享年52歳。

スモールビルで、スワン博士の役で活躍し、物語の中でも重要な位置を占めていました。
もちろん、映画版スーパーマンの主役として有名ですが、このほかにも「デストラップ・死の罠」や「ある日どこかで」など珠玉作や名作に出演しています。

ご冥福を深くお祈りいたします。
ヤングスーパーマン 1
昼間、「ヤングスーパーマン 1」が届きました。
帯の裏表紙側に発行予定があって、2は来年新春(1月ごろ?)、3は来年の春だそうです。楽しみ!!

この前公式ガイドブックを買うときに、一緒に"Runaway"も買って、ちょっとパラ見してみたら、クラークの自筆の家出の書置きがあって、そのへたくそさと、そう言えば彼はまだ精神的には15~17歳なんだよなあ…と妙に納得やら感心やらしてしまいました(いや、もちろんそういう風にわざと作ってるのはわかってます)。あれも翻訳されるのかな。だったら読まなくてもいいかな。

あくまでも誰も翻訳してくれないから自分で読んでるだけ、基本的には私は英語能力ゼロなんで、これだけ質のいい翻訳本が出るんなら、それを待っていたい。

書店勤務の友人が店に入荷してなかったんで発注かけてくれて(店の半分以上のジャンルを取り仕切っている春日局/性格良いバージョン/営業声と地声全然違う派)、ポップをつけて置いてくれると嬉しいことを言ってくれたので、その地域の人はその場所さえ通れば気がついてくれるのではないだろうか…と、ちょっと期待したりして。

で、内容なんですが、せっかく日本語で読めるようになったのだから読んでほしいってことで、書きません。
そうだ、サイトに入れてある"See No Evel"のオチばれを削除しなければ。第一話を見逃した方には、特に特におすすめです。
ライオネルの気持ちが描かれている部分は、のちのエピソードを理解するうえで、とても役に立つと思います。

さあ!あとはドラマ再開に期待だ!また福田声のレックスを見たいのです。

ヤングスーパーマン日本語版第一巻

中身。文字も行数もちょうどいい感じ。
トホホな行動
今日はご報告などを(スモールビル情報はありません)
近いうちに、なんともトホホなものの写真をアップできると思います。
もちろんスモールビル関連です。
いや、もう、それのために連休なのに家にいるんですけどね。
まあ、写真をご覧になってから、バーカでー、とか心の中で罵倒してください…。

ブログが軽いいまのうちに、目次などを作ってみました。
カレンダーから行けばよさげなんですが、カレンダーにはタイトルがないので、自分でもよくわからないし、アーカイブはちょっと見づらいですよね。
なので、リンク集にくわえてみました。
目次
目次:最新のものから順番です。
SMALLVILLE MAGAZINE #1
SMALLVILLE MAGAZINE #1
Al Goughが第二シーズンのエピソードについて語っている記事の中に、こんな一文がありました。
"We'd set Lucas up to bring him in to the situation, but we played that situation.
At some point he may come back."

どうやらルーカスがまた出てくる可能性もありそうです。相続の件とか、考えてみればいろいろ問題が出てきそうですよね。
共謀したあのエピソード以降、レックスがルーカスとどういうコンタクトを取ってるのか、どういう兄弟仲になってるのか、とても興味深いです。
あのときライオネルはルーカスを社会不適応者って言い方してましたが、あまりピンと来なかったので、もしも今度出るときはもっとわかりやすくして欲しいなあ…とか…。

…はっ、それってまたもやレックスが大変な目にあうってこと?!

それから他にも、
"what you've seen is a guy who's truthful. I would say that Lex Luthor's been more honest with Clark than Clark has ever been with Lex Luthor.
"Even when Lex is caught out on things. he'll come clean. He's obviously hidden certain things, but he's not hidden a lot from Clark"
やっぱりそういうのわかってて作っていたわけですね。…よかったよ、私やレックス萌え友人の目が、萌えで曇ってたわけじゃなくて。
あのTWoPのフォーラムでのレックスとクラークへの見解も、だいたいあってるわけだ。

"Insurgence"ですが、お金がとてもかかったそうです。そうだよなあ、エキストラも街中での撮影も、普段あんなにたくさんないもんね。
あの話は、レックスがケント家三人をじっと見つめて、一人ぼっちで佇み、バックに"I'm not afraid of tomorrow, I'm only scared of myself.. "と曲が流れるのが、なんとも切なくて好きです。

あんなレックスが重なり重なって、とうとう父親が死刑判決を受けて収監される姿を見て笑う彼に……。

あ。アルはこんなことも笑って言ってます(笑うなよー…)スモールビルはどういう終わりなの?って皆聞くんだけど、って話で
"I say it ends badly.Clark doesn't end up with Lana, and he and Lex are enemies.
"It is a tragedy. That is the thing with this part of Superman's life:it's a tragedy and it ends badly.
The prequels are always the tragedy!"

前編かあ…。っていうか、スーパーマンは不死身じゃないですか。なんだか合点がいかないぞ。
script!
Devoted to Smallville内のスクリプトがなくなってしまったようで、聞き取りもままならず途方にくれる状態でしたが、こんなサイトがありました!! Goole万歳!
これでリキャップと合わせれば、ほぼ意味がわかるでしょう。
ビデオを何度も巻き戻して、痛みを気にする必要もないわけです。よかったよかった。
Smallville #402 "Gone"
ネタばれです。



いやー…画面見てればだいたいわかる話ではあるんですが、今回はどうもロイスの場面が多くて、その部分はほとんどお手上げです。物語上大切な部分はゆっくりめにしゃべっているのとリキャップで、どうにか補完できましたが、

途中のクラークとのかけあいが面白そうなのにわかりません。
ヤングスーパーマンの小説と言えば
さっき検索したら、こんないいものが出てきました。
翻訳者のメッセージ入りメールマガジンです。
ノベライゼーションは、本編やゲームをろくに見ずに機械的に訳してしまう人がいて、そういうのはてきめんに面白くないんですが、どうやらちゃんとヤングスーパーマンを見ていたっぽいみたいです。

で、この本ですが、某大規模書店員の友人から漏れ聞いたところによると、あまり売れ行きは芳しくないとか…。
アマゾンでは今現在166,852位。

ネットで見つけたこんなサイトでは、店頭在庫の数がわかります。
この状況って、発売を知らない人が多いからじゃないかと思うんですが。
いや、私自身が気づかなかったのは、すっかり頭が第四シーズンモードになってたうえに、サイト詣を怠っていたからなんですけどね。
でも終わってから半年以上たって、NHKにもお知らせがでない。
書店でもあのコーナーには行かない人だっているでしょう。

本来なら宣伝すべきNHKが全く宣伝もしてなくて、でもまだサイトだけは隠し持ってるなんて、ちょっとおかしすぎる。
そりゃあ、ファンとしては公式サイトが残ってるは最高に嬉しいですよ。
でも表からのリンクは切られてて、全然将来の見通しもない。
本来この日記とサイトでは、萌え以外に言及することを避けているんですが(人間、バカなことをして遊ぶのが一番楽しいです)これだけは言う。

こら、NHK。

こんな言い訳をわざわざ載せる暇があるなら、サイトを表にリンクさせて、小説が発売されたことを宣伝してくれよ。
海老オヤジと○○様なんか関係ねーのよ。エビボクサーを見習えとしか言えない。
こういうときだけ週刊誌のスキャンダルネタに反応すんのはどうかと思うよ。
それよりもヤングスーパーマンだよ。昔風にいうと「マジ切実です」
私はぜひとも"City"を日本語で読みたい。
レックスに高級な洋服を買ってもらうクラークとその様子を楽しそうに見ているレックス、ペントハウスのジャグジーに二人で入るクラークとレックス………。


はっ!

結局やっぱり萌え話に…。
スモールビル関連で今日来た本四冊
今日は帰ってきたら、レックス萌え同志の方からやアメリカやアマゾンからぞくぞくと宅配や郵便が届いており、受け取った家族がぷりぷり怒ってて、手数料一個100円!とか言われました。
…ええ、払いましたとも。いいんだ。楽しいから。

昨日固く決心した日本語版「ヤングスーパーマン1」ですが、いざ買おうとしたら、なんと所持金が足りない!!なんてこと!
最近、リアル店舗であまり物を買ったことがないので、本の値段をチェックしていくのをすっかり忘れておりました。
ちょうどアマゾンで他に買うものがあるので、結局一緒に頼むことにしました。
悪いなあ…と思いつつちょっと立ち読みしてしまったのですが、とても丁寧できれいな翻訳で、レックスの件のシーンも雰囲気を損なうことなく、素晴らしいものでした。
ヤングスーパーマンファンなら、これは買いです。いまのところ、第三巻まで予定があるらしいです。



さて。今日我が家に届いたものはこちら。
SMALLVILLE MAGAZINE #1

思ってたより薄いです。

それと、これ。
SMALLVILLE  OFFICIAL MAGAZINE 01とComic#10

これの右側のコミックなんですが、さっきあけたとき「間違ってるよこれ」って思って、急いで確認してみたんですが、確かに10号になってる。
でも私が欲しかった10号ってこれだったのに…。
左側の公式ガイドブックは、中身はこんな感じで、横に"DID YOU KNOW?"ってミニ知識があります(アノ番組のアノセリフ「君は知っているか!?」を彷彿とさせます…)
コーヒーカップとペンタブと記念撮影


これで当分のあいだ、楽しい毎日です。
日本語版小説「ヤングスーパーマン 1」
すでにご存知の方やお買い求めになった方からは、いまさらなんだよ、って声が上がりそうですが、中央公論新社から、9月に発売されていたそうです。
最近アマゾンでもどこでも「ヤングスーパーマン」で検索したことなかったうえに、町の書店でも今回発売されるレーベルがある棚を見る機会がないので、ほんっとにぜんっぜん知りませんでした。

いや、このところ具合悪かったり、第四シーズン見るのでいっぱいいっぱいだったりと、日本の各サイト様へとんとお邪魔してなかったのがてきめんに情報遅れの元となりました。
これを機会に、またどこかでヤングスーパーマンの放映が始まることを期待しています!!

ちなみに今回の「ヤングスーパーマン 1」の内容は、"Arrival"と"See No Evel"。レックスの自分自身への揶揄を並べ立てるシーンが、どう訳されているかとても楽しみです。
今日は必ず書店に行かねば。

ついでに、他のも全部翻訳してくれたら嬉しいな。ヤングアダルトシリーズは、ほとんど読んでないんで。
もうひとつのワーナー発売のほうのは、必死こいて読んだんで気持ちとしては微妙ですが、やっぱり翻訳されたら嬉しいだろうな。
辞書なしで読んでるために、わからないセンテンスや単語は飛ばして読んでるもので。

今後はちゃんと「ヤングスーパーマン」でも検索かけるように心がけようと思います。
スモールビルグッズ通販
ワーナーの通販ですが、さっき見たら昨日よりさらに品物が増えていました。
ランドリーバッグ/赤と青(洗濯物入れて置いておくあれでしょうか)と、ダッフルバッグ/黒赤・黒黄です。
ダッフルバッグの大きさは、43.2cm×30cm×21.6cm。普段使いには大きそうですが、帰りに買い物して帰る日とか、荷物が多い日などや、気軽な一泊旅行なんかだったら使い勝手よさそうです。
ランドリーバッグはどんなものにも流用できそう。
レックスコープやルーサーコープのマークのバインダーとかだったら即買いなんですが。
ジャケットも、ルーサーコープマークだったら買ってるかも。
でも色合いが紫色と黒とか、いわゆる族仕様になるかもね…。

それから、アマゾンからSmallville: The Official Companion Season 1の発送連絡が来ました。
他にもいろいろ今週から来週にかけて荷物がくるので、とても楽しみです。
ワーナーのスモールビルグッズ
ワーナーのサイトでスモールビルのいろんなグッズ売ってて、私も以前利用してマグカップとTシャツを買ったりしたんですが、新シーズンが始まったからかなんなのか、急に品物が増えました。バックパック(?)とジャケットとバインダー、それとノート。
特にジャケットは気軽には買えないお値段です。
いや、私には、であって、景気がよかったり普段きちんとお金ためてる人なら全然平気な価格だと思います。
…でも普段着られない色だよね。
Tシャツだって、お祭りでもあるコミケだから着たけど、普段はちょっとなあ…。
マグカップとTシャツ
伏線なのか言い訳なのか
smallville Ledgerなんですが、会社更生法適用中なんですね…。よく読め、私。
なにかの伏線なんだろうか、それとも単にサイトを更新するのが面倒になっただけ?

それと、Smallville: The Official Companion Season 1、まだアマゾンから発送されてない。
いったいいつなんだろう。もう出たはずなのに。
スモールビルマガジンも、発行されたはずなのにまだ発送連絡がない(これはアマゾンじゃないんですけどね)。

雑誌の話でついでなんですが、SFX123号では、TWが第三シーズンの見所について語る記事があるらしいです。
今回は買わないと思います(でもバットマンの表紙かっこいい…)…と思ったら、クライブ・バーカーの記事も載ってるんですか!

……どうしよう…。
scifi.comのインタビュー
scifi.comの中のSCIENCE FICTION WEEKLYに、マイルズとTW・MR・JGの短いインタビューが。
やっぱりレックスはとーちゃんのようになってしまうのね…って、何度確認しても悲しい事実ですね。

そんな暗い気分を打ち消してくれる画像がこれ。私もぜひやってみたいです。でもちゃんと剃ったあとでないと、ざらざらしてそう。
ニュージーランドヘラルド新聞
ニュージーランドヘラルドに、スモールビルの記事が出てました。
って言っても自分で探したわけではなく、Moviehole.netのこの記事から飛んだんですけどね。

ニュージーランドでもやってるんですね、スモールビル。しかも第三シーズンらしい。……。

>"I play a guy who is quite approachable.
>I'm a warm, nice guy on screen so I get those type of fans.
>They're never a problem.
>Now, Lex Luthor,
>he might be getting a little different crowd to me,"
>Welling laughs.

悪かったな、違うタイプで。
いわゆる「マイグッズ」
安かったので、レックスのイラスト入りのコーヒーカップを作ってみました。
レックス模様のコーヒーカップ

本物のレックスは、超かっこいい(ワーナーから出てる小説版でも、スーパーモデル並だとか、泥にまみれててもかっこいいとか、カリスマとか表現されてます)のですが、どうも自分の中では、お坊ちゃまなレックスが動いているようで、こういう解釈で物を作ってしまう部分が、一般の海外ドラマファンの方からみると、異様なんだろうなあ…と思いつつ、やっぱりこうやってネットに写真を載せてみたりする。

どんなに足を洗おうとしても、しょせんは同人野郎です。
まことに申しわけない。

ところで、本編の話です。

今回の第四シーズン第一話(今後の表記は#401とか#402とかにします)の、レックスがライオネルのところへ来て、三つの遺物について話して、ライオネルに言葉を促す時の、ちょっと首をかしげる部分がどうも見たことある仕草だなあと思ってたんですが、今日仕事してて突然「あのギャグリールの、胸に指やって首かしげる、あのシーンじゃねえか!」と思い出しまして、一瞬にやりと笑ってしまい、誰にも見られてないか周囲を見てしまいました。
我ながら、気持ち悪い行動です。

でも、ほんとに似てるんですよ。
スモールビルイギリス版DVD
これなんですが、ずっと気になっています。まだ買ってない理由はただひとつ。

どうやらPAL形式という奴で、リージョンどうのこうの以前の問題で日本製DVDプレイヤーでは再生できないらしい…。
でも私が使ってるパソコンでなら可能らしいんですが、八千円以上にもなるものが、買って見られなかったらそれこそもう…。

なぜこれが気になるかと言えば、ひょっとしたら英語圏以外の人用に、俳優陣の解説トークに字幕がついてるかも…という淡い期待があるからです。
ドラマはどうにか何十回か聴けば少しわかる程度にはなったのですが、素で話してるテンポや口調や、クロストークにはお手上げです。

今回の第四シーズン第一話でも、せっかくのレックスとライオネルの言い争いシーンで、二人の声がかぶってしまい、なんだかぜんぜんわけわかんね~、って部分が……とほほ~…。
一生懸命いろんな場所のフォーラムを読んで、情報補完して「多分こんな会話」って感じで見ています。
ほんっっっっとに、早く日本のどこかでもう一回放映して。第一シーズンから見直したい、日本語で。夢にまで英語が出てくるこんな人生、もうやだ。

と思って期待を持ってNHKのヤングスーパーマン公式サイトを確認すると……まだあるよ。

でも、以前は、サイトがあるってことは、契約終わってないからよそで放映できないのね、って勝手に思ってたんだけど、ロズウェルがスカパーで始まってるのに、まだNHKにもサイトがあるんだよね。つまり素人判断をすると、ヤングスーパーマン(願わくは次に放映始まるときは違うタイトルで…)も、よそで放映できるってことでは?

…そんな単純じゃないとはわかってても、やっぱり希望を抱いてしまいます。

さて。
昨日は本国で第二話放映で、どうやらクラークのシャワーシーンとライオネルのシャワーシーンがあったらしいです。
第一話では、ラナがシャワー浴びてた。
次はレックスの番。

って希望するのは間違ってないと思う。
Designed by aykm.