FC2ブログ

ネタバレSmallville

SMALLVILLE(ヤングスーパーマン)の情報関連とレックス萌え日記。 シーズン3以降のネタばれを含みます。
スモールビル第四シーズン第一話
…郵便が国営から民営になっても、これだけ早いんでしょうか、速達手数料とか国内で取られたりしないんでしょうか、っていらぬ考えが一番最初に湧く今日この頃ですが、まあここは萌え日記ですのでそういうお堅い話は忘れて。

とうとう白レックスが登場し始めました…。
しかも、どっちにも取れる言葉を使って大金渡して、自分がその場所を訪れた記録を消して欲しいなんてもう…。
多分あのおっさんは「全部」埋めちゃうんでしょうね「全部」…。レックスがそれをわかってて言ったのかどうか、微妙ですが。

で、ロイス・レーンなんですが、これが意外とよかった。クロエのダークヘア大人バージョンって感じで、でも性格はクロエより暗めなのかな?
父親との確執があるって設定らしいんで。
クラークのお尻を楽しそうに見てました。畑でも病院でも。
……一応クラークは年下なんだが、この場合カンザスのロミオとジュリエット法は全く関係ないのか、見るだけだから。

第三シーズンのクリフハンガーが物凄かった分、いきなり「三ヵ月後」から始まってしまって、リモコンを取り落としてしまいました。
なんなんだよ。また三ヵ月後かよ。まえも三ヶ月間、クラークはメトロポリスにいて、レックスは三ヶ月間孤島にいたんだが、またもや夏休みの間だけですか。
…日本だったら夏休みの宿題ができてなくて、毎回九月に泣くはめになりそうだな、クラーク。

カル・エルバージョンクラークは、なかなかかっこうよかったです。こうしてみると、本家スーパーマンと同じように、クラークも普段はだっさいかっこうで、目立たないように(十分目立ってはいるんだけども)してる設定なのねってわかりました。
レッドの時も思いましたが、TWはスモールビルが終わったら、思いっきり悪役やるといいかも。きれいな顔の人が悪役やると、迫力あっていいよね。

さて。
まあ事前にネタばれなどをたくさん見ていたおかげで、そんなにおどろくような場面もなく、しかもまたもやレックスとのツーショットがない第一話となり、ちょっとワクワク感が少なかったのは否めませんが、やはりそこはスモールビル。
レックスとクラークとラナの半裸シーンはばっちりサービスです。こんなもので私が喜ぶとでも思ってるのかー!!

めちゃくちゃ嬉しいです。

今回はMRの胸毛処理もばっちりで、ツルツルピカピカです。いや、胸が。
そこに透析チューブなんかつけちゃって、透析のってそういう形だったっけ?ってな疑問はさておき、ああいうものにくくりつけられるレックスは、やっぱり乙女回路の基本中の基本です。いわゆる、拷問されるグリフィスが(ジャンル限定話題で申し訳ない)美しく見えるのと似ています。
苦痛に耐えながら、はあはあするレックス、胸に汗が輝いて、チューブから赤い血が上っていく。

これはおいしい。

しかも今回は黒クラークに対して、白レックス。
レックスの気持ちからすれば、常人ではない自分の運命が何のために用意されているのか、と考え始めるのに十分なお膳立てです。
なにはなくとも、レックスあってのスモールビルです。楽しみです。

ラナと新しいボーイフレンドについては、早まわししたのでいまいちよくわかりません。
なんかラナと似たイコン画のようなものが教会の床にあって、それが光ってラナを包み込んで、そこに書いてあったのと同じ柄の刺青がラナの背中の腰部分についたってのがあって、どうも今回ラナもクリプトンの謎に絡んでくるらしいです。大変おしゃれな格好で、いままでのピンクラナと全く違った印象だったので、今後話にたくさん出てきても、以前ほどむかつかないかもね、って思いました。
(ラナファンにはごめんなさい。この日記はレックス萌え以下省略)

で、お願い。クロストークしないで。ロイスはもっとゆっくりしゃべって。
せっかくのレックスとパパの拘置所での会話シーンなのに、横たわって10分10分としか聞き取れなくて大変困っています。
ロイスの会話はほとんどあきらめました。
……今後クロエが出てくるにあたっては、この従姉妹たちだけの会話で重要なポイントが語られないことを祈るばかりです。

話変わってオークションなんですが、とうとうでましたね!レッドクリプトナイトの指輪
これはレックスファンの私でも欲しいです。
そういう人はやっぱり多くて、もう六万円越えてます。実際にはクロエが持ってた分のようですが、それでもいい!って感じの物ですよね。
あと、微妙なのがクリプトナイトバー。……うーん……。確かにあのエピソード自体は大変好きですが、あのバーはなあ……。
スポンサーサイト



レックスの青パジャマ
今朝終了したレックスの青パジャマオークション(いや、正式タイトルはもちろん違うんですが)、960ドルで落札でした。すごいわ~!
クラークの「革ジャン」が1625ドルだったんだから、「パジャマ」という品物的には、高値だと思います。
ラナのピンクのセーター(カーデガンじゃないらしい)には敵いませんでしたけど、それなりに人気あるのね、ってちょっとにやにや。

で、Smallville Ledgerで新しい記事などを…と行ってみてみたら、再編のためにしばらく一週間に一記事しか載せないって。
なんだよぅ…。トーチも新しい記事はクロエのしかないし。
クロエが戻ってきたら、トーチも更新されるんだろうか。
ルーサーコープもレックスコープのサイトも放置状態だし。

ところで、レックスのメールにあった、indigo charlieって言葉がコミック8の、山積みされた荷物の箱に書いてありました。
あれってレックスも関わってるってことなんでしょうか、それともレックスはあれは見られなくて、ライオネルが独自にやったこと?

これまでのメテオフリークたちの死体や証拠物が保存されてましたが、それも全部なくなったってのは、コミックだけなのかそれともドラマでもなのか。
…でもコミックだけでドラマに出てこないってことは、どうでもいいってことなんでしょうか。
…わからん…と考えていたらこんな時間に。大変…。
アルツハイマー募金オークション
例のジョングローバーアルツハイマー募金(正式には彼の父親の名前から、ジャックグローバー基金のようなのですが)、ちゃくちゃくと落札されていますが、こうやって冷静に見てみると、当然ですがクラークとラナの人気はすごいですね。

クラークが"Red"の時に着てた革ジャンや、ラナのピンクのカーディガン(一瞬ギャグかと思った)は、けっこう高値で落札されてます。

気になってた、ライオネルの髪の毛入りグリーンオクタゴナルパーツ、一個目はこういう結果。しかも二個目も出品中

が。
やはりレックス萌え人間としては、レックスの青パジャマがいくらで落札されるのか、興味深いところです。
現在五万円超えてます。
…どうせなら例の拘束服のほうが……いやそのなんだ…萌えファンは、多分全世界規模でああいうのが好きなはず。

ところですっかりブログをさぼっているうちに、本国では第四シーズン第一話が放映されて、久々にFOXを抜いて第四位。
改めて、内容のせいもあるだろうけど、アメリカンアイドルとのバッティングは影響大きかったんだなと思いました。
内容的には、各フォーラムを見る限りでは前評判より好評のようで、特にロイスは「思ってたよりいい」的発言が多く見受けられ、大変楽しみです。
ジョン・グローバー
ジョン・グローバーのアルツハイマー募金が、オークションを開始しました。
すでに例の「緑のパーツ・ライオネルヘア入り」は237ドルを越え、まだまだ高値がつきそうです。
…まさかと思うけど十万円…いくかなあ?

さあ! 我こそはというエコノミックアニマルの代表はいないか?
誰か競り落として、ネットにアップしてくださいお願いします。
もっとよく見たいんだよ……。
SFX122号
先月号から、第三シーズンの解説が載ってるんですが、内容はSFX120号や、先日買ったCFQ SPOTLITEとあまり変わりません。
ただ、それぞれにちょっとずつ違うこぼれ話が入っていて、買わないわけにもいかない状態です…。うまいな。

で、この122号で私が最初に読んだのは、もちろんレックスメインの"Memoria"なのですが、レックスやMRについての話はほとんどなく、思いっきり裏話でした。

この"Memoria"は(以下はほんとにエピソード中身ばればれですので、お気をつけて)







(いいでしょうか?)








クラークが、記憶を取り戻す装置にかけられたことによって、赤ん坊の自分が宇宙船に乗せられた時の記憶がよみがえる、で、両親の手と、母親の名前を思い出す、という大変素晴らしいエピソードなわけですが、この宇宙船のシーン、実は、旧か新かわかりませんが映画版スーパーマンとの兼ね合いで、クリプトン星やクリプトン人の姿を出してはいけないらしかったんですね。

だもんで、極力映画版のと色合いが似ないようにしたそうで、それが結果的には良いものになったけど、実際に望んだものではなかった、ってことらしいです。

同じスーパーマン神話を扱ってて、同じ会社なのに、なかなか厳しいですよね(棒読み)

……じゃあ映画版作るときは、絶対に、スモールビルが打ち立てたレックス像を使うなよ、これまでどおりの、

いかにも悪役でサイコで変な人にしておけよ、とか、ついスモールビルファンの私などは思ってしまいます(ぉぃぉぃ

余談ですが(っていっつも余談ばっかりですが)今回も紀伊国屋BOOKWEBで買ったんですが、今回の表紙は三種類あって「表紙の指定はできません」ってのが、すごく気になってたんです。
…まさかレイア姫入りスリーショットじゃねえよな…って。

で、来たのはこれ。

SFX122号


人生ってそんなもん。

だいたいが「在庫」と言う名の店頭で売れてない分がまわされるんだから、当然の結果ですね。
ダースベイダーの白い表紙が欲しかったんだけどなあ……。…まあ仕方ない。読めるだけいいや。
それにしても、「これは嫌がらせか?!」ってページがありました。
これ。
うおーっ……


今夜は素晴らしい夢を見そうです(投げやり)
CFQ SPOTLITE TELEVISION 続き
あれからゆっくりと読み始めてるんですが、MRのインタビューに更にレックス萌え人間に嬉しい一文が。

49ページ
"There have been times when we're super close-up - actually I just approved a gag reel where there's this close up in which he's talking to me very intensely and I pretend that I'm going to kiss him and we all laugh.
He just responds,'Michael, damn it!' "

だからTWoPのリキャップでもよく"Luthorcest"なんて、とんでもない呼び方されたりするんだよ(と打ちつつ笑っている私)(しつこいようですが、この日記はレックス萌え)

DTSに、7月発売のSFX120号の中身がアップされてます。
スーパーバイジングプロデューサー(?)の一人のジェフ・ローブのインタビューが載っているCult Timesもありました。
CFQ SPOTLITE TELEVISION 到着
CFQ SPOTLITE TELEVISIONが到着しました。

エピソード解説部分は、ひょっとしてSFXと重複部分があるかもしれませんが、萌え人間的には「この一節だけでも買った甲斐があったね!」ってのがあって、大変満足です。

問題の部分は52ページ、Al Goughの"PHOENIX"での発言。
"and you also had my favorite reuniting scene,which was Clark and Lex.It was like the lovers reunite.It's like Clark was on the farm and Lex was lost at war and has finally come home"
相変わらず乙女回路全開らしく、素敵です。最近のニュース見て、ちょっといや~んな感じでしたが、やっぱり期待しちゃいます。

それからMRも、ちょっと微妙な発言。
クラークとレックスが親友なら、なんで一緒に遊びに行かないのか、って話題で
"You know,there are those fans who want Clark and Lex to get together.It kind of makes me laugh,but if we went out to dinner or on a trip,they would just eat that up and it would give them plenty to talk about"
へへへへ…。ごめんなあ、変なファンがいて…。

以前からレックスルーサーファンだった、って言ってる部分は、これまでのインタビューと逆じゃん。
まあそんな前向きな人なんだ、と思っておこう。
ルトガー・ハウアーからキャスティングが変わったことが、エピソードに良い影響があったって話もあった。そのあたりは本サイトでちょっとだけ触れてます。
アルのインタビュー増量中
Superman Homepageでも彼のインタビューが。
二人の緊張緩和状態が、かえって歪みに繋がるらしい。
クラークはレックスの欠点に気がついていて、友情は慎重で、分別だか円熟だかしたものになると。どっちだ。
お前の欠点こそどうにかしろクラーク、と言いたい。
(注意:ブログのタイトルの下の説明通り、ここの趣旨は「レックス萌え」)
それから、なんかクラークがエピソード8で髪を切るとか…?

Comic Continuumでもインタビュー
レックスについては、なにもなし。

今期は、エリカ・デュランス、ジェンセン・アクルス、クリスティン・クルックのファンにとっては、すごく嬉しいシーズンかも。
なんだかだんだん陰鬱な気持ちに……。これではいけない!
第三シーズンのビデオを見直して、レックスの良さを更に確実なものにしなければ! な日曜日の真昼間。
Al Goughインタビュー
K-Siteに、アルのインタビューが出ました。

これといって新しい情報はないようです。ただ、どうもライオネルが出所するとか…?
CFQ Spotlite Television
5日に注文したCFQ Spotlite Televisionが、出荷されたようです。
24時間以内に出荷のようなこと書いてあったわりに、ずっと放置プレーだったので、初めての店だったこともあり、ちょっとどきどきしましたが、これで近いうちに届くでしょう。

近いうちにといえば、

これ、結局日本のアマゾンに発注しました。イギリスアマゾンでも、いつの間にか発行日が9月24日になってて、同じような日程に到着なら、送料考えたらやっぱり日本のアマゾンが一番安い。

1500円に微妙に足りなかったので、ついでにこれも頼んだり。


クラークがお金を稼ぐために家出をするという、ある意味、萌え本かも(期待しすぎ)
いや、まあ"CITY"以上の萌え本は、きっと今後出ないでしょう。


それから、K-Siteで、ジョン・グローバーのアルツハイマー基金サイトについて、ニュースがありました。
こう…なんというか、…逆にこれは寄付しづらいというか、お前、品物目当てだろうとかいわれやしないかと、自意識過剰な人間としては思ってしまいかねないわけで。

しかし! 正直に言えば、欲しい!!
動機は不純ですが、行動しないよりしたほうがいいだろう。
実際に今朝見たときより寄付金が増えている。
カードもOKらしいです…寄付金なのに。すげーな。さすがカード社会。
あの髪の毛入りオクタゴナルパーツを貰うのは、誰なんでしょうか。

ここはひとつ、エコノミックアニマルとしての面目躍如(違う)で、誰かどーんと寄付して、ゲットしませんか?

…私は無理です……。
DCコミックから
K-Siteのネタばれによると、フラッシュに続き、このキャラがでるそうです。

メテオフリークの次はDCキャラオンパレードか。
カゥワッチ洞窟ネタを封印する気満々だな…。
…第五シーズン、大丈夫なのか?(まだ第四シーズン始まってもいないのに、気が早すぎ?)

で、日本でもそろそろ秋の新番組情報は出揃ってる感じですが、スモールビルは放映予定どこにもない。
面白いのになあ。日本テレビとかテレビ東京に期待してるんだけど。
Smallville Days 引越し
今まで使っていたブログが、どうにも使い勝手が悪いためlivedoorBlogに引越しです。
以前のブログはこちら

さて、こちらで最初のスモールビル情報ですが、TV Guide OnlineにAl Goughのインタビューが。
なんと、確か先月あたりまでは「会わない」と言っていたレックスとロイスが、第二話で会うとか、ロイスは陸軍兵士だとか。
あとはまあ別のインタビューでも見たような内容(前シーズンは暗かったので、今回は明るめに、学園生活とクラークの青少年的問題-遠まわしに言うと-を主にする)。
新しい悪役も登場するらしい。

それにしても、ほんとにフットボールチームに入るんですね。
ああ、どうなっちゃうんだろう…。

あ。それから、The WB Insiderって秋の新番組特番でスモールビルの順番がほぼ二番目、これってすごく微妙な紹介順らしいです。
クラークのフットボールの試合を、両親とラナ、クロエ(!)、ロイス、そして彼女らと離れた席でレックスが見ている、って画面が出たらしい。

どんなに新しいキャスティングしても、もうここまでお話進んでたら、物語のファンじゃなくてその俳優女優さんのファンでしかいられないと思うんだけど。
第四シーズンまでのお話を理解しようとこれまでのDVDを、その目的の人が出てもいないのに買うものなんだろうか。

新たに出演する人に対して思うところは全くありませんので、どうか誤解なきようお願いします。物語が彼と彼女によってさらに盛り上がるのは、すごく歓迎です。

言いたいのは、そういう小手先のチェンジじゃなく、どうせ第三シーズンであそこまで広げた風呂敷なら、いっそたたまずにどんどん広げて、ギリシア悲劇風味にしたほうが、ラストのラストが生きていいんじゃないだろうかと。
いまさらティーン向けに方向修正したって、見ないでしょ。
もう、アメリカンアイドルとぶつかったあの瞬間から運命は決まってたんだから、いっそあのままのカラーで通して欲しい。
今期はアメリカンアイドルの時間帯が移動になるらしいですが、時すでに遅し。

…とかいいながら、乙女回路の持ち主アル&マイルズのことなんで、うまくその辺クリアして、またもディープな展開にしてくれることを、願ってます(笑
視聴率には全然貢献できないんで(独身の従弟の家にニールセンボックスがあるとは思えないうえに、ビデオ録画だし)、DVDや公式マガジンなどを買う以外応援の方法がありませんが、これから約八ヶ月、楽しませてもらいましょう。

半年後の自分が、がっくりきてないことを祈りつつ。
Designed by aykm.