FC2ブログ

ネタバレSmallville

SMALLVILLE(ヤングスーパーマン)の情報関連とレックス萌え日記。 シーズン3以降のネタばれを含みます。
6-22:Phantom
シーズン6ファイナルです。

相変わらず大騒ぎのクリフハンガーです。
死ぬのはラナかなと思ってましたが、あれは死んでないね。
直前に通り過ぎた車に乗り換えてるんだろうし、クロエだってあれで死ぬってのはちょっと唐突すぎる。クラークにさよならの一言も言ってないから物語的にありえない。もしシーズン7になってあのまま死んだことになってたら、よっぽどアリソン・マックが出演拒んだって意味なんだろうな…。

ライオネルがラナを無理やり結婚させたのが、レックスのファントム研究に近づく唯一の道だとかって説明がどうもおかしい。でも宇宙人さんが認めてるんだからそうなんだろう。ジョー・エルの密偵だって。お庭番かライオネルは。

その前のエピソードでレックスが見せた人体実験室とか、今回のクロエの奇跡の力とか、どうもあまりにも唐突というか…。
実はレックスの人体実験室については、先にCWのゲームをやっちゃってちょっとびびったんで、そのあとにエピソード見てもあんまり衝撃がなかったってのが本当のところなんですが。

ロイスが後のロイス・レーンになるのに、クロエが乗り移ってクロエの性格や好みも移植されたって設定だと面白いのに。でもそれだとクロエがやっぱりかわいそうだな。ラナが全部の秘密を知ったってクラークから聞いたときものすごく複雑な顔をしてたのは、クラークとの蜜月が終わったとわかったからって解釈もできる。

どうせなら、ロイスにクロエがそのまんま乗り移ってたらよかったのに。顔はロイスでも中身はクロエなら、将来クラークと結ばれるじゃないか。こんな超ハッピーエンドがあるだろうか、いやない。

レックスのラナへの暴力もちょっと彼のこれまでの設定からは無理があるな。女に暴力を振るう最低な男ってことにしたいんだろうけど、なんかもうラナのほうもあまりにもアレゲなのでいまいち同情できない。
騙したレックスが一番悪いけど、でもクラークへのあてつけのようにレックスと仲良くなっていった過程も見てるから、どっちもどっちだよなって感じ。
さすがにクラークに自分が彼の秘密を知ってるって打ち明けるシーンでは、しみじみしたけどね。
いろんなものを失って、ようやくクラークの秘密を知ったのに彼の前から姿を消さなきゃいけない状況になってて、ちょっとかわいそう。
ラナはいろんな意味で成長したけど、別にラナがメインじゃないのにそこまで成長させる必要があったんだろうか。

マーサがとうとう出演ラスト、来期はゲスト出演があるかどうかって感じでクラークはメトロポリスにお引越しなのかっていうか彼ら大学はどうしたんだっけ。あれ?

ああ、なんだかなぁ…。脱力。
スポンサーサイト



6-19:Progeny
ついでにCombatの感想も。あいかわらず愚痴ばかりです。なら見るなよって思うかもしれませんが愚痴いいながら見るのも醍醐味ってやつです(やけくそ)
以下伏字→ラナの妊娠の真実が意外で久しぶりに驚きました。そこまでしてラナが欲しかったか、レックス。っていうかそれってクラークっていうライバルがいなかったらそんなに欲しかったか?ってちょっと思う今日この頃。自分と結婚させるために偽の妊娠なんてこれまでなら女性側がやることだったのに、まんまとひっかかってしまいました。レックスの財力とあのドラマ設定の科学力をもってすれば偽妊娠薬なんか簡単に作れるんだよな。

クロエがあいかわらず苦労人で、いったいどうしたら彼女は幸せになれるんだろうかと頭を抱えつつ見ました。やっと一緒に暮らせると思った母親はレックスが与える薬なしには普通でいられない…どうにもなんない。レックスに人質にとられた形で記者魂さえ抑えこまれて、クラークはいつもラナラナだし父親はまったく出てこないしジミーもいまいち……。

トム・ウェリングがシーズン8まで契約更新したそうですが、マイケル・ローゼンバウムはインタビューではっきりシーズン7でおしまい宣言してますね。でもシーズン8ってあるの?MRのレックスが出ないSMALLVILLEなんて考えられない。
しかも今シーズンラストで誰か死ぬって噂、いまのところクロエが一番怪しいらしい。クロエがいないSMALLVILLEなんて……。
シーズン3のラストのように、死んだようで実は次のシーズンで生きていましたってオチならいいけどどうも本当に誰か死ぬ設定らしいので、なんだか今回ほど見たくないシーズンファイナルは初めてです。

でもおかしいな。ジミー・オルセンはシーズン7にも出るんだよね、しかも13回出るらしい。クロエがいないのに変。いやほんとうは変じゃないんだけど、いまの彼の位置から考えるとクロエがいないのに出すなんて。

……ラナか?ラナなのか?(希望的観測)
それならあらゆる意味で私は大歓迎しますよ。
ラナファンにはごめんなさいと。でもシーズン6のこの段階まで見て、まだラナに出続けて欲しいと願うファンは少ないでしょう。ラナというかクリスティン・クルックすっごいやつれたし、むちゃくちゃ最初からアル&マイルズはラナとクラークは結ばれないって言ってるし、物語的にラナが死ぬほうがクラークのレックスへの憎しみも増そうというもの。

あれ?
いつからスーパーマンとレックスは女関係が元で宿敵になったんだ?
シーズン6の2話以降
大変お久しぶりです。
サイトはしょっちゅう更新(マイナー更新含む)していたんですが、ブログしかチェックしていなかった方は私がもうSmallvilleに飽きたのかと思っていらしたことでしょう。申しわけございません。
この先はあまり楽しい話ではありません。先のシーズンを楽しみになさっている方はごらんにならないほうがいいと思います。

送られてくるのがビデオからDVDに変わって以前より安く便利になったのはいいのですが、内容がそれに反比例してなんだか私の好みではなくなってきました。ショック。

ってわけですっかり見るのが遅くなり、正月休みからつい昨日までにかけて、途中でうっかり眠りそうになったり「これは何か新手の拷問なんだろうか」とまで思えるほどつまらないエピソードを延々と見たりと、そりゃもう大変でした。見る端からほぼ忘れています(笑)

これから暇な時に追い追い感想を追加していきますが、はっきりいいましょう。私にとってシーズン6は駄作の連続です。
もちろんどのエピソードにも光る部分は存在しますし、良い回もあります。でも全体的に見て、つまらないシーズンとしか思えません。
レックスファンだからというだけではありません。あまりにも人物描写に無理があるんです。

私はラナが嫌いですが、なぜあそこまでラナを悲劇のヒロイン面した小賢しい悪女にするのかわかりません。彼女は馬鹿ではなかったはずです。もっと物事を深く考え、素直な心をもった女性だったはずです。だからこそ誰もがラナを好きになったんです。今のラナはおかしすぎる。

ジミー・オルセンの存在意義もまったく感じられません。クロエの存在感にまったくかなわないジミー・オルセンって、なんの意味があるんでしょうか。
グリーン・アロウは……どうにもブルース・ウェインの代わりに無理やり出しましたって感じがして、いまひとつしっくりきません。いや、ハンサムだからいいんですけどね。

クラークはひたすら孤独なヒーローへの道を進んでいますが、まだまだ中途半端で、まだラナを好き。宇宙一しつこい。

クロエだけは、とってもかっこいい女性に変身しましたね。彼女が出ると画面が華やぎます。お話もちょっと面白くなります。なんで彼女が将来のロイス・レーンじゃないんだろうと悲しくなるくらい素敵です。
彼女とライオネルの存在がなかったら、そろそろこの番組を見るのをやめていたかもしれません。

レックスはと言えばスーパーマンの宿敵になるにはまだまだですが、そのスーパーマンもどうしようもない状態なのでお互いさまとも言えましょう。相変わらずレックス邸を訪れるクラークと、なんだんかんだ言いつつ話をしてしまうレックスの腐れ縁は見ていて辛いものがあります。
Subterraneanのラストは映像的にはけっこうよかったですけど、33.1に関して突っ込みどころ満載です。

まあここまで見たからには事情が許す限り追いかける所存ですが、いったいラストがどうなるのか、もんんんんのすごい楽しみ(やけくそ)
なんかシーズン7が最後だと言ったことはない、とか最近アル・ゴゥが言ってて、そりゃねーだろおっさん、と裏拳入れたい気分です。
#601 Zod
シーズン6開始です。CWが映らない地域が出たのも手伝ってか視聴率悪いですね。内容はどうかなと思ったら、なんだかラナがものすごいことに。

お話自体は面白かったです。ファントムゾーンに入ったらクラークのパワーはなくなるというのもいいし、ラヤとかいう新しいクリプトニアンもいい味だしてます。
ラナの手を串刺しにするゾッド/レックスもクールです。
しかしあの刺さり具合は骨砕いてる気がするんだけどな。いやー、けだもののようなラナ、すごいです。それに比べてクロエが典型的古典ヒロインなのが面白いですね。さらにはロイスなんか最後にようやく目を覚ますお姫様だし。
ゾッド/レックスがクラークをひざまづかせて手にキスさせようとするお間抜けなシーンでは大変申しわけないことに笑いころげてしまいました。
するか普通。せめて何か持ってないか透視しろよ、レックス同様に詰めが甘いなゾッド。

レックスがどのあたりまで記憶あるのか謎。
ブレイニアックはどうやらもう出てこないらしいです。
ジミーと会ったときにクラークがエリックを思い出さないのはちょっと無理があった気がする。
Designed by aykm.